« 10/2 のポートフォリオ | トップページ | 大証、中国株ETF上場を発表 »

2007年10月 4日 (木)

野村の外国ETF

 ゆうきさんのブログで知りました。

 サイトはここ↓です。

  いっぱいあったんですね。米国市場のみならず、欧州、イギリス、オーストラリア。

 気になる手数料ですが、こう書かれています。

外国ETFの売買にあたっては、売買金額(約定金額に外国金融商品市場における手数料と税金等を購入の場合には加え、売却の場合は差し引いた額)に対し、最大0.9975%(税込み、売買金額が75万円以下の場合は最大7,455円)の国内売買手数料をいただきます。外国金融商品市場での取引にかかる手数料と税金等は国(市場)により異なります。外国ETFを野村證券との相対取引(募集等を含む)によりご購入いただく場合は、購入対価のみをお支払いいただきます。ただし、相対取引による売買においても、別途手数料をいただく場合がございます。外国ETFの売買、配当金等の受取り等にあたり、円貨と外貨を交換する際は、外国為替市場の動向をふまえて野村證券が決定した為替レートを用います。

 ....................................さっぱり、わかりません。聞けばいいのかもしれませんが、あんまり聞きたくないです。お許しください。

 意味のわからない料金の商品とか、あと円天とかには手をださないことにします。

 ところで、ほっとダイレクトで取り扱っている?(このページの下の方)

 さっそく、ログイン!

 しかし、たどっていくと、トレードほっとラインに行きつきました。早い話がコールセンタです。

受付時間:平日8時30分~20時00分 土曜・日曜9時00分~17時00分(祝日・年末年始を除く)

  と書かれていました。

 ....................................イートレードとか楽天でいいかっ。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« 10/2 のポートフォリオ | トップページ | 大証、中国株ETF上場を発表 »

コメント

野村の海外ETFの扱いは外株と同じです。
つまり購入時の売買手数料のほかに、口座維持手数料が毎年かかります。
よほどの事情がない限りイー・トレードや楽天証券で購入した方が良いでしょう。
私は野村は(口座維持手数料がとられない)BSTやMMFだけの利用に割り切っています。

投稿: えんどう | 2007年10月 5日 (金) 03時02分

えんどう様
 コメントありがとうございます。
>MMFだけの利用に割り切っています。
 私もほぼ同じ状況です(^^;)。

投稿: NightWalker | 2007年10月 5日 (金) 21時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/16661821

この記事へのトラックバック一覧です: 野村の外国ETF:

« 10/2 のポートフォリオ | トップページ | 大証、中国株ETF上場を発表 »

 
 
Copyright © 2005 - 2018 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.