« 暴風相場における人気ファンドたちの夏 2007/6末~2007/9末 | トップページ | セゾンバンガードはトヨタアセットバンガードを追い抜けるのか? 2007/9末 »

2007年9月30日 (日)

日本株出遅れ

  日経新聞に「日本株出遅れ」という記事が出ていました。

世界の株式市場で日本株の出遅れが鮮明だ。1―9月の主要20市場の株価指数の騰落率を比較したところ、日本は日経平均株価が3.3%下落し19位にとどまった。8月の世界的な連鎖株安から米欧市場は立ち直りつつあるが、日本株は外国人投資家の売りが重しとなり、株価回復の足取りは鈍くなっている。

  VMaxさんが、

   という記事で........

「日本株は出遅れているのではなく、実力通りのパフォーマンスを、今年も各国対比で示しているにすぎない可能性が高い。」

 と、結論されています。

 前にも似たような、エントリーを上げましたが、

 EWJとS&Pの5年の比較を見てください。(参考サイト: 米Yahoo)

200709301_3

 これを見ると、日本株は、2005年の爆上げのとき、実力値以上の株価に上昇し、今は、サブプライムをいい理由にその分調整しているにすぎないのではないか?むしろ、まだ高いかもしれない、などと感じます。

 上記にEEMを加えてみます。(参考サイト:米Yahoo)

200709302

 これを見ると、「日本が出遅れている」のではなく、「20世紀の覇者-日米が成熟し、新興国が伸びている(あるいは先進国化しつつある)」のではないか?などと感じます。

 過去のパフォーマンスは、見方によって、違います。また、これを見たところで、株価がどうなるかは、誰にもわからないのです。

  • 株価は、中長期的に見れば、本来の価値に収束するはずだ。
  • 本来の価値自体も変化するし、時に変なのも混じってしまうが、全体としては成長していくしかないのではなかろうか。

 という、実に都合のよい?考えのもとに、私は、今日も今日とて、世界分散と称して「丸ごと買い」をし、長期投資と称して「ほったらかす」日々です。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 暴風相場における人気ファンドたちの夏 2007/6末~2007/9末 | トップページ | セゾンバンガードはトヨタアセットバンガードを追い抜けるのか? 2007/9末 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/16618080

この記事へのトラックバック一覧です: 日本株出遅れ:

« 暴風相場における人気ファンドたちの夏 2007/6末~2007/9末 | トップページ | セゾンバンガードはトヨタアセットバンガードを追い抜けるのか? 2007/9末 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.