« サウジの年金庁と不動産投資 | トップページ | ユダヤ人大富豪の教え »

2007年9月10日 (月)

国際分散投資で、ひと財産築けるのか?

  相互リンクの皆さま他で、掲題のテーマが、盛り上がっています。

 このテーマ、何かの話に織り交ぜて、いつか書こうと思っていたのですが..........ダイレクトに書いておこうと思います(^^;)。

 masaさんが以下のようにご指摘されています。

今この時代に国際分散投資を始めた人たちこそが、分散投資で金持ちになる第1号

 結論からいえば、その通り、ではないかと思います。

 団塊世代以上の方でしたら、ごくフツーのサラリーマンでも、夫婦共働きで単純な貯蓄と節約と不動産(持家他)でひと財産を築いた人がいらっしゃいます。

 これが可能だったのは、バブル崩壊前の今となっては高い金利と不動産上昇(70年代に土地を購入できた人は今でもプラス)が、大きな要因です。もちろん、バブル期にも稼いだお金を無駄使いすることなく生活した、という、ご本人の生活姿勢によるところも大きい。

 しかし、長きに渡った低金利、資産デフレにより、現在では、この貯蓄+不動産による戦後のオーソドックスな資産形成方法では、大きな財産を築くことが困難になりました。

 そこで従来に代わる資産形成方法として台頭してきたのが、国際分散投資ではないかと思います。

 一方、投資信託への国際分散投資が、ニッポンで一般的になったといっても、まだ、10年にもなっていない気がします。そして、地道な積み立てによる資産形成には20~30年の時間がかかります。こう考えると、投信による国際分散投資によって資産を築いた人が、今の日本に、いないのも道理。いるはずがありませんね。

 独断と偏見により分類すると、以下のようになります。

  1. 貯蓄と節約と不動産で財産を築けた世代
  2. 投資信託と節約と分散投資で財産を築けるかもしれない世代

 masaさん、水瀬さん、rennyさんの世代が、上記、第2カテゴリー、地道な分散投資による億万長者の第一世代になる可能性が高いと信じております。

 ところで、上記、資産形成に対する時代の変化に社会や個人が気付き、投資環境が整うのに10年くらいかかってしまった感があります。このため、資産形成の重要な時期である30代~50代を10年ぐらい失ってしまったハザマの世代に属する方も多いかもしれません。

 .....私はこの失われた世代?の一人として、応援しております(あらら)。

 じゃなくて、何とかなるかも!

 自分は、この世代だと思っている皆さん、共に頑張りましょう。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« サウジの年金庁と不動産投資 | トップページ | ユダヤ人大富豪の教え »

コメント

親に言われて若い頃から、なんとなく投資していました。

12年前に親が病気になり、代理で資産運用をするハメに…。その前あたりから海外投資をはじめて、5~6年ほど前に円はもうだめだと思い、全部外貨($が80%)に換えました。債権やファンド中心だったのですが、為替差益も手伝って、いま配当や利子でギリギリ【贅沢はいっさいナシの質素な生活なら】暮らせるくらいになっています。若い頃からコツコツ投資していけば、50でハッピーリタイアは現実的だと思います。

ただ財産を築くなら、分散ではなく一極集中すべきという話を、最近聞きますね。

投稿: チンイー | 2007年9月11日 (火) 18時39分

チンイー様
 コメントありがとうございます。
 チンイーさんは、地道な投資を続けてこられたのですね。すごいです。

>分散ではなく一極集中すべきという
  資産形成の道は、ほんとのところ、ひとそれぞれで、何が正解というわけではないんでしょうね。

投稿: NightWalker | 2007年9月11日 (火) 22時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/16394743

この記事へのトラックバック一覧です: 国際分散投資で、ひと財産築けるのか?:

« サウジの年金庁と不動産投資 | トップページ | ユダヤ人大富豪の教え »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.