« 国際分散投資で、ひと財産築けるのか? | トップページ | 仏リクソー、日本でETF参入・東証と交渉 »

2007年9月11日 (火)

ユダヤ人大富豪の教え

 なんとなく読みそびれていた本ってあるわけですが、そんな中の一冊です。

 エキナカの本屋に文庫本があるのを発見し、購入。

 この本、ゲラー氏なる年老いた大富豪のところへ若き日の筆者が弟子入りし、成功するための秘訣を教えてもらうというストーリーになっています。

 なるほど。さらっと読めます。うまい。文庫本でお安くなってますので、私のように読みそびれたなと思っている方には良いかもしれません。

 全部で17の秘訣があるんですが、やはり第1の秘訣でしょうか?不自由人と自由人。ちょっと、本の事例を変形させますが、たとえば、儲かっている会社の経営者は不自由人。その会社のオーナーは自由人。けっこう目からうろこでした。本の中では、もっとうまい例で説明しています。それは読んでいただくことと致しまして、「やっぱ自由人になりたいな」と思わず思ってしまいました。

 ファイナンシャルインディペンデンスの啓蒙本としては、下記2冊と合わせて、3大読本といったところなんでしょうか。

 ところで、もう一冊、同名の続編がありました。これもつい、買ってしまいました。

 こちらは、「スイス人銀行家の教え」という本を改題したもの。冒頭の本の続編になっています。個人的には、同じようなことが書いてあるな、という印象でした。同じスイス人ネタ?なら、全く内容的には関係なく、かつ過激?ですが(^^;)、こちらの方をおススメしておきます。

  以前、私のエントリーでもご紹介したことがあります。この本は、分散投資ではお金持ちになれない。えらい大変なリスクをしょってこそ金持ちになれるという本です。こりゃ大変ですね。

 ところで、ゲラー氏と聞くと、発想の貧困な私は、この人を思い出してしまいます。もちろん、何の関係もありません(^^)。それでは。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« 国際分散投資で、ひと財産築けるのか? | トップページ | 仏リクソー、日本でETF参入・東証と交渉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/16417452

この記事へのトラックバック一覧です: ユダヤ人大富豪の教え:

» 蓄財の参考にした本②: バビロンの大富豪 [初心者から始めた蓄財イロイロの回想録]
蓄財の参考にした本②: バビロンの大富豪 この本を購入した動機は、金持ち父さん貧 [続きを読む]

受信: 2007年9月13日 (木) 07時02分

« 国際分散投資で、ひと財産築けるのか? | トップページ | 仏リクソー、日本でETF参入・東証と交渉 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.