« ミャンマー | トップページ | VFINXとVWINX 1987/8-2007/8 20年分の比較 »

2007年9月28日 (金)

米投信最大手キャピタル、日本に本格参入

  本日の日経です。

投資信託の米最大手、キャピタル・インターナショナルが日本に本格参入する。10月中旬から野村証券を通じて個人向けに2本の投信の販売を始める。「貯蓄から投資へ」の流れを背景に、日本の投信市場の拡大傾向が続くと判断した。個人にとって購入するファンドの選択肢が増え、国内投信市場のすそ野が広がりそうだ。

 相互リンクのrennyさんも取り上げておられます。

 キャピタルさんは、

バンガード、フィデリティと並ぶ米3大投信会社の一角。米国では主に「アメリカンファンズ」ブランドで投信を販売しており、運用残高は6月末時点で1兆2000億ドルと、日本の投信市場全体(約68兆円)の約2倍の運用規模を誇る。

 という会社です。

 さて、FundInvestor誌9月号に、「ファンドの運用機関と規模」という秀逸な記事がありまして、その中に、米国の資産総額トップ15ファンドが掲載されていました。ベスト10をご紹介しますと 

順位 ファンド名 資産
総額
(億$)
設定
年月
1 American Funds Grth Fund of America 1825 Nov-73
2 Vangard 500 Index 1223 Aug-76
3 American Funds Europacific Grth 1142 Apr-84
4 PIMCO Total Return 1033 May-87
5 American Funds Capital Income Bldr. 1014 Jul-87
6 American Funds Capital World G/I 1011 Mar-93
7 Vanguard Total Stock Index 978 Apr-92
8 American Funds Invmt Co of America 912 Jan-34
9 American Funds Income Fund of america 863 Dec-70
10 American Funds Washington Mutual 860 Jul-52

2007/7月末

 このランキングから、

  • American Funds だらけ!
  • 設定が古いものが多い!1位のAmerican Funds Grth Fund of Americaは1973年!一番古いものではAmerican Funds Invmt Co of Americaの1934年!!

  などが、見て取れます。

 余談ですが、バンガードも当然健闘しています。ちなみに、フィデリティは、Fidelity Contrafundが11位でした。

  では、今回の参入で、これらの大ファンドが、そのまま入る?記事によりますと、

今回、キャピタルは世界の株式で通用する「キャピタル世界株式ファンド」と。世界の株と債券で運用する「キャピタル世界分散ファンド」の日本を新規に設定、野村を通じて販売する。

 な、何だろう?「キャピタル世界株式ファンド」「キャピタル世界分散ファンド」............................ まさか、FOF?、いや見てみないと..(追記:EDINETによるとFOFっぽい書き方してますが)

 の、野村さん?............................一応口座はあるけど(^^;)  .

 さて、 2007年、この戦略で、日本の投資家に受け入れられるでしょうか。楽しみです。

  ひょっとすると、団塊世代をターゲットにした秀逸なマーケティングが展開されるかもしれませんね。いや、老舗、とか、ブランド物に弱い人っているからなあ。その点が特に、楽しみです。

 それでは!

----------------------

<ご参考:米国の運用会社別投信残高ランキング(日経紙面より)>

順位 社名 投信
残高
(億$)
日本の
投信認可取得
日本での
主な活動
状況
1 キャピタル 12,085 自社ブランド商品を近く投入
2 バンガード 10,381 × セゾン投信と提携
3 フィデリティ 9,734 自社ブランド商品を販売
4 フランクリン・テンプルトン 3,627 自社ブランド商品を販売
5 T・ロウ・プライス 2,228 × 大和住銀と提携

米投信協会資料から野村資本市場研究所が作成、MMF除くベース、6月末

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« ミャンマー | トップページ | VFINXとVWINX 1987/8-2007/8 20年分の比較 »

コメント

競争の激しいアメリカでは優良ファンドを多数出しているキャピタルが変に日本仕様とならないといいんですけどね。

フィデリティもアメリカでは低コストファンド出しているんですけど、日本向けは他界の多いですからね。

キャピタルには期待したい所です!

投稿: 道産子 | 2007年9月29日 (土) 00時31分

ロイターに載ってましたよ。
http://jp.reuters.com/article/stocksNews/idJPnTK002162920070928

ファンドオブファンズみたいです。しかも信託報酬などのコストもちょっと高め。

投稿: staygold | 2007年9月29日 (土) 12時33分

コメントありがとうございます。

>道産子様
 案の定、「変に日本仕様」ですよ。

>staygold様
>ファンドオブファンズみたいです。しかも信託報酬などのコストもちょっと高め。
 情報ありがとうございます。
 さすが野村が取り扱うだけはあります(爆)。

 私の記事はちょっと解説が必要だったようです。

>さて、 2007年、この戦略で
 日本の投資家を、カモと思ってますナ。

>秀逸なマーケティング
 大手さん、お年寄りを、あんまり、カモにしないでネ。

 という、皮肉です。わかりにくくて、すみません。

投稿: NightWalker | 2007年9月29日 (土) 15時34分

記事の最後の方よく読んでなくって、無粋なコメントでした。

それにしても野村證券。海外ETFでもヨーロッパ上場の物も扱っていたり、債券など品揃えはいいんですが。
手数料を安く。って気は無いようですね。

別記事での記事の紹介どうもありがとうございました!
おかげさまで、2日間で700ものアクセスがありました。

投稿: staygold | 2007年9月30日 (日) 22時58分

staygold 様
  コメントありがとうございます。
>手数料を安く。って気は
 売れなくなるまで、「適正な価格」と言い続けるんでしょうね(^^;)。今後、日本において第二次金融大競争が始まった時こそ、野村さんをはじめとする大手の商品力が試される、と思ってます。

投稿: NightWalker | 2007年9月30日 (日) 23時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/16601170

この記事へのトラックバック一覧です: 米投信最大手キャピタル、日本に本格参入 :

» 世界屈指の運用会社が参入 10月から投信を国内販売 [道産子投資道]
「[http://www.amazon.co.jp/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%94%E3%82%BF%E3%83%AB-%E9%A9%9A%E7%95%B0%E3%81%AE%E8%B3%87%E7%94%A3%E9%81%8B%E7%94%A8%E4%BC%9A%E7%A4%BE-%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%82%B9/dp/4532351367/... [続きを読む]

受信: 2007年9月29日 (土) 00時22分

« ミャンマー | トップページ | VFINXとVWINX 1987/8-2007/8 20年分の比較 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.