« フィデリティ証券 【手数料変更】5ファンドのお申込み手数料率 引下げのお知らせ | トップページ | ミカルディス40mg »

2007年8月25日 (土)

最近の日興イージートレード  ノーロードの投信積立と既発外国債券のネット販売

 例の不祥事以来、ほぼ完全に見捨てていた日興さんですが、ひさびさにチェックしてみました。(こちら

 すると、少し、改善されたところがありました。

  1. 年金積立インデックスファンドシリーズが、積立専用ではあるが、ノーロードで買えるようになっていた!!(こちら
  2. 既発の外債がネットで買えるようになる(2007/8/27より)(こちら

1・年金積立がノーロード

  まず、ノーロードの商品は、以下になります。(こちら

年金積立 日本短期債券オープン 専用
年金積立 インデックスファンド日本債券
年金積立インターナショナル・グロース・ファンド
年金積立 インデックスファンド海外株式(ヘッジなし)
年金積立 インデックスファンド海外株式(ヘッジあり)
日興ピムコ・グローバル短期債券F:債蔵 -
年金積立インターナショナル・ボンド・ファンド
年金積立 インデックスファンド海外債券(ヘッジなし)
年金積立 インデックスファンド海外債券(ヘッジあり)
日興外貨MMF/米ドルポートフォリオ -
日興外貨MMF/ユーロポートフォリオ -
日興外貨MMF/豪ドルポートフォリオ -
日興外貨MMF/カナダドルポートフォリオ -
日興外貨MMF/NZドルポートフォリオ -
積立ベストバランス
年金積立グローバル・ラップ・バランス(安定型)
年金積立グローバル・ラップ・バランス(安定成長型)
年金積立グローバル・ラップ・バランス(成長型)
年金積立グローバル・ラップ・バランス(積極成長型)
年金積立グローバル・ラップ・バランス(積極型)

   専用というところに○が付いているものは、積立専用です。外貨MMFをあえてノーロードと強調?しているあたりには、思わず涙がこぼれます。それは、さておき。

 日興イージートレードの投信積み立てには、ひとつ、いいことがあります。それは、

  • 投信つみたてプラン合計で1万円から。
  • 毎月の買い付け金額は、1ファンドにつき1,000円以上1,000円単位

  すなわち、

 国際分散投資が1,000円刻みで、合計1万円から無理なく続けられます。」

 なのです。少額投資家にとって、類をみない、すごい利点です。

(注)この点は、オープンのWebサイトで、説明されているところを発見するのは困難です、というか、私には見つけられませんでした。 3年くらい前の記憶の片隅に残っていたのでイージートレードにログインして調べました。宣伝したくないのかなあ。

 年金積立シリーズは積立専用なので、後でまとめて買い増ししてリバランスすることはできません。売却以外の方法でリバランスする場合、 上記利点を活かし、積立額を微妙に変更して少しずつ近づける方法 が取れます。

 たとえば、 外国株式と外国債券を1:1で資産形成するとします。

  1. 外国株式を5,000円、外国債券を5,000円ずつ積み立て。
  2. しばらく積み立てたら、その後の騰落で、外国株式が20万円、外国債券が18万円になってしまった。
  3. 外国株式を4000円、外国債券を6000円に変更。(1年ぐらいで元の比率に(この場合1:1)戻るようにする)
  4. 1年後、またチェックして、2~3同様の手順を繰り返す。

 というものです。ご参考図書↓

 しかし、日本株式クラスのインデックスファンドがノーロードではないなど、残念な状況は、残っています。残念です。この点が改善されれば、当ブログのドルコスト一押しに急浮上すると思います。

(8/25 17:42 追記)

 よし様より、ご指摘いただき気がつきましたが、

  1. 増額月にリバランス分だけ、積み増す。
  2. リバランス月だけ、積立金額を変える。

 という方法もありますね。よし様、ありがとうございます。

2.外国債券

  相互リンク先の水瀬さん(梅屋敷商店街のランダムウォーカーさん)が、以前からご指摘されていますが、大手証券さんの最後の牙城に、既発の外国債券があります。既発米国ゼロクーポン債を償還年数別にいろいろ選べたりします。(ネット証券は、この点これから?です。)

 今回は、この外国債券を遅ればせながらネットでも取り扱いましょう、という日興証券さんからのありがたい、ご提案です。

 しかし、せっかくのネット販売ですが、これまたうれしくない点が、あります。

  • 買い付けは、平日の営業時間(10:30~15:59)に限る。
  • パソコンからのみ(携帯電話やコールセンターからは不可)
  • 日興イージートレードからの売却注文不可

  サラリーマンの私としては、辛いですが、他の大手証券さんも同じような制約だったと思います。

 消費者である我々が、賢くならないと、サービスの改善は、遅々として進まないようです。

 不便あるいは割高なサービスは使わない!

 私が日々の業務で常々心がけていることに、だめなものは、できうる限り早く、あきらめるというのがあります。(しぶとく頑張って成功する事例もありますが、経験的確率論のお話です。)

  ナマの外国債券なんて買わなくていいじゃん、という判断もあります。

 今、外国債券に魅力があるのは、「内外金利差」。私自身は、もし日本の金利が上昇したら、その頃には自分自身のリスク許容度が低下している(年齢が上昇)ことを前提に、日本債券と世界分散型株式を一定比率で単純リバランスするだけ、という簡単運用を考えたりもしています。それまでは、外国債券クラスのインデックスファンドでいいや、分散もされてるし、と。

 未来のことは、どうなるか、わかりませんけれどね。

  ナマの外国債券は、高額所有の場合、保有コストに優位性があったり、ゼロクーポンの場合、税金上の優位性があったりしますので、考え方は、ひとそれぞれです。

 以上、私一個人の意見です。実際の投資は、 ご自身のご判断にてお願い申し上げます。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« フィデリティ証券 【手数料変更】5ファンドのお申込み手数料率 引下げのお知らせ | トップページ | ミカルディス40mg »

コメント

2007.08.09(木)のrenny備忘録記事に対するコメント(2回)、ご一読を!Werder Bremenの壮絶な闘いが・・・(笑)!

投稿: Werder Bremen | 2007年8月25日 (土) 16時07分

>後でまとめて買い増ししてリバランスすることはできません。
とありますが、投信SCとマネックスでは積立日も変更が利くので、積立日を翌々営業日くらいに設定すれば任意額の買い増しができるのではないかと思います。

日興そのものの口座は持ってないので外していたらすみません。

投稿: よし | 2007年8月25日 (土) 16時30分

皆様コメントありがとうございます。
>Werder Bremen様
 読みました!(^^)。
 この改善は、 Werder Bremenさんのおかげかも。ありがとうございます。

>よし様
 ご指摘ありがとうございます。まとめて買い増し、というのはスポット買いという意味合いです。
 日興イージートレードでは、積立日は、固定日(12日か26日)となります。また、変更は申込日から8営業日後だったりします。しかし、たしかに
 (1)増額月指定が年2回できるのでリバランス月に増額する。
 (2)一月だけ、積立額を変更する。
という方法もありますね。

投稿: NightWalker | 2007年8月25日 (土) 17時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/16230716

この記事へのトラックバック一覧です: 最近の日興イージートレード  ノーロードの投信積立と既発外国債券のネット販売:

« フィデリティ証券 【手数料変更】5ファンドのお申込み手数料率 引下げのお知らせ | トップページ | ミカルディス40mg »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.