« ソニーバンク 対 イーバンク 預金残高 2006/1-2007/7 | トップページ | セゾン資産形成の達人ファンド 投資信託説明書(目論見書) 訂正 - いよいよ、バンガード 米国オポチュニティファンド を組み入れ »

2007年8月12日 (日)

マネーと常識 投資信託で勝ち残る道

  噂のボーグル本、マネーと常識が、8/11 amazonより到着しました。

 以下は、メモです。

1.ボーグルさんは1929年生まれだということ(お姿&バイオグラフィはここで拝見できます)

 ....繰り返し、何度も何度も、投資コストの罪悪とインデックスファンドの優位性について述べておられます。

 多少、疲れるしれませんが、偉大なるボーグルおじさんのお話です。3人のアシスタントの方々との仕事場でのやり取りを空想しながら、読むとにこやかに。

2.海外ETFについて言及があったこと

 ....海外ETFはお嫌いなようです。

 短期売買や派生商品(セクターインデックスなど)→×。 標準インデックス系(S&P500など?)の長期保有→○ というお考えのようです。

3.やっぱり、ボーグルさんは1929年生まれだということ

  ....ご本人いわく、「そう、私は保守的なのである」。

  • 外国株(=米国以外の株)は、世界の時価総額の約2分の1を占めているが、2割まで。
  • 債券比率は、年齢と同じ(70歳なら70%)。

 このへんは、異論もあるでしょうが、偉大なるボーグルおじさんのお話です。

4.訳者あとがき

  ....必読です。本書を理解する大きな一助となります。

------------

 原題は、The Little Book of Common Sense Investing。「Common Sense」というのは、日本語にすると「常識」なんですが、米国人の場合、独立戦争のとき、トマス・ペインによって発行された、合衆国独立の必要性を説き世論を強めさせた同名のパンフレットを暗黙に指しているそうです。

 「植民地の人々が幸福になるためには独立しなければならない。それは常識である」という風に、200年以上も前にペインさんは訴えたそうなのであります。

 それになぞらえ、「いつかは誰でもそう思う当り前の常識。投資の世界では、それがインデックスファンドだ」という、ボーグルさんの強い想いが、タイトルに、込められているのですね。

 イノベータとは、当たり前のことを、実現できる人のことです。ボーグルさんは、その当たり前の真理、理論、理念を現実の商品にすることができたわけです。じゃあ自分でやってみろ、と言われて、できないわけです。

 元祖インデックスファンド、本家インデックスファンド。ボーグルさんは偉大です。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« ソニーバンク 対 イーバンク 預金残高 2006/1-2007/7 | トップページ | セゾン資産形成の達人ファンド 投資信託説明書(目論見書) 訂正 - いよいよ、バンガード 米国オポチュニティファンド を組み入れ »

コメント

ETFの項目は私も読みましたが、注意して読まないと「ETFそのものがダメであるように誤解」しかね無いかもしれませんね。バンガードの人ですから、批判的になるのはやむを得ないかもしれませんが。

あとがきであったように、日米の対比や日本の現状を、改めて認識する必要性があるかもしれません(ただ、「外貨建てで日本国内で販売されているバンガードのファンド…」といった件は、恐らくマネックスのことを指すのでしょうが、ここでは口座管理料の事が無視されているような気が致します)。

投稿: 新幹線 | 2007年8月12日 (日) 09時12分

新幹線様
 コメントありがとうございます。
 何度となく、繰り返されるインデックスファンドの話にせよ、思いっきりバイアスのかかった海外ETFの話にせよ、ボーグルさんの「痛快なキャラクター」なのでは?と想像して楽しみながら読んでます。しかし、誤解される方もいらっしゃるかもしれませんね。
 マネックスさんへは、要望を出してみてはどうでしょう。

投稿: NightWalker | 2007年8月12日 (日) 11時26分

この本を読んで「何で日本にはバンガードのようなインデックス運用会社が無いのかなあ」と思ってしまいました。

投稿: うんぼぼ | 2007年8月12日 (日) 21時04分

>うんぼぼ様

 コメントありがとうございます。

>何で日本には..
 ボーグルさんは1929年生まれですから、バンガードを設立した1974年には45歳(!)。自分の欲しいものは自分で手に入れるというアメリカンスピリットを具現化されたのです。それは、アメリカ人だからできるというものではありません。(CommonSenseを持ち出したのはそういう想いもあったのでは?と解釈しています。)
 
 ボーグルさんは偉大です。

投稿: NightWalker | 2007年8月12日 (日) 22時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/16079133

この記事へのトラックバック一覧です: マネーと常識 投資信託で勝ち残る道:

» 「マネーと常識」読み終えました [rennyの備忘録]
当ブログで何度かご紹介した、バンガード創業者ジョン・C・ボーグルさんの最新著の日本語訳本「マネーと常識 投資信託で勝ち残る道」を読み終えました。 マネーと常識 投資信託で勝ち残る道日経BP社ジョン・C・ボーグル(著)林 康史/石川 由美子(翻訳)発売日:2007-08-09おすすめ度:amazon.co.jpで詳細をみる (Amazy) 読後の感想は、読み易い。一日で読めちゃうね。ってことです。日本語訳本が存在するジョン・ボーグルさんのもう一冊の著書「インデックス・ファンドの時代―アメリ... [続きを読む]

受信: 2007年8月19日 (日) 08時27分

» マネーと常識 [Site.M from 新所沢]
インデックスファンドの父でありバンガード創始者のジョン・C・ボーグル氏の最新作の翻訳本「マネーと常識」を読みました。ボーグル氏の本といえば「インデックスファンドの時代」が有名ですが、かなり分厚いのと嫌らしいくらいしつこくインデックスファンドの優位性を語りか... [続きを読む]

受信: 2007年8月19日 (日) 16時04分

« ソニーバンク 対 イーバンク 預金残高 2006/1-2007/7 | トップページ | セゾン資産形成の達人ファンド 投資信託説明書(目論見書) 訂正 - いよいよ、バンガード 米国オポチュニティファンド を組み入れ »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.