« SPY+EFA 対  中央三井株式インデックスファンド この1年の比較 : EFA 日本株式による影響について | トップページ | 魔法の論理 »

2007年7月 1日 (日)

SPY+EFA 対  中央三井株式インデックスファンド この1年の比較 : 配当の影響について

  前回エントリーの続きです。

  VMaxさんから、配当の影響を加味すべきではないかとご指摘をいただきました。計算が面倒そうだったのと、配当額がわからなかったのですが.............米Yahooのヒストリカルデータをよく見たら、ちゃんと出てるではありませんか.................計算が面倒................がんばってみることにしました(^^;)。

 ご紹介:VMaxの投資のブログさん

 というわけで、配当金を仮に無税で再投資できた場合の計算です。

 配当金補正後の円ベースでのリターンです。(計算は面倒でしたが、結果は簡単)

SPY EFA TOPIX
28-Jun-06 14514.65 7246.27 1527.51
28-Jun-07 18671.72 10095.04 1751.12
リターン 28.6% 39.3% 14.6%

 日本の影響(22.29%)を差し引いた、EFAexJPN推定リターンは、46.4%/年(すごすぎる)。

 投資比率別リターンです。

投資比率
SPY 40% 50% 60%
EFAexJPN 60% 50% 40%
リターン 39.3% 37.5% 35.7%

  一方、中央三井外国株式インデックスファンドの配当金を無税で再投資していた場合の推定リターンは、35.9%/年でした。

 以上です。

 現実の配当再投資をどうするかは、別問題ですが。

< 注意>

  1. 本試算は、私が独自に行ったものです。計算結果の保証はできません。引用は禁止とさせていただきたく。リンクはOKです。
  2. 言うまでもありませんが、本計算の結果は、単なる過去の検証の一例にすぎません。未来は、誰にもわかりません。
  3. 投資は、なにとぞ自己責任でお願い申し上げます。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« SPY+EFA 対  中央三井株式インデックスファンド この1年の比較 : EFA 日本株式による影響について | トップページ | 魔法の論理 »

コメント

いま確定拠出年金(個人型)で中央三井外国株式ファンドを積み立てているところですが、その他に海外ETFの購入も検討しているところでしたので、この比較は、まさにタイムリーでとても参考になりました。ありがとうございます。

投稿: ノールド | 2007年7月 1日 (日) 19時40分

こんばんは
一連のリターン比較の記事、興味深く読ませていただきました。

やはり一番リターンに影響を与えるのは、投資対象(国)の割合のようですね。もちろん、今までパフォーマンスが良かった国がこれからも良いとは限りませんが。

IOOの比較が特に興味深かったです。私はIVVとEFAの組み合わせで保有してますが、もしもっと長い期間で見ても同じようなパフォーマンスなら、IOO 1つの方が楽チンだなとは思いました。

投稿: staygold | 2007年7月 1日 (日) 20時06分

 SPY+EFAが、外国株式インデックス投信との差が意外と小さく、興味深く感じました。2%程度の差は、買付手数料、為替手数料やリバランスと米国税金還付手続きの手間を考えるとなかなか微妙な判断を迫る差ですね。投資額によるのでしょうけれど。

投稿: 馬橋雅典 | 2007年7月 1日 (日) 23時31分

皆様コメントありがとうございます。
>ノールド様
 この比較、実は私のために検討しているようなものでして(^^;)...結果、お役に立てて光栄です。

>staygold様
 ご指摘のように投資国の影響は、大きいですね。今後も、チェックしていきたいと思います。

>馬橋雅典様
 微妙な差ですね。個々人の状況により、判断は変わると思います。

投稿: NightWalker | 2007年7月 2日 (月) 23時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/15614154

この記事へのトラックバック一覧です: SPY+EFA 対  中央三井株式インデックスファンド この1年の比較 : 配当の影響について:

« SPY+EFA 対  中央三井株式インデックスファンド この1年の比較 : EFA 日本株式による影響について | トップページ | 魔法の論理 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.