« 2007年7月2日~7月6日(国内約定日) 楽天証券  米国ETF 売買代金ランキング-上位10銘柄 | トップページ | 海外の上場投資信託、東証に上場方針 年度内にも »

2007年7月15日 (日)

2004/7-2007/6 SPY EFA EEM の相関係数

 突然ですが(^^;)、SPY、EFA、EEMの月次リターンの相関係数を計算してみました。

SPY EFA EEM
SPY 1.00 0.70 0.68
EFA 0.70 1.00 0.84
EEM 0.68 0.84 1.00
  • 期間は、2004/7-2007/6
  • Adj Close Price(米Yahooより) の月次リターン(ドルベース)で計算
  • ExcelのCORREL関数で計算

  です。

  ご参考に2年間のチャートです。(EFA,EEM,S&P500)

20070715

  相関係数は、高い方かもしれません。とくにEFAとEEM間。それだけ、世界経済のグローバル化が進んでいる、ということかもしれません。

 相関係数って何?という方のために....

  • 相関係数は、相関関係の強さを表す統計量で-1~1になる。
  • 1のとき全く同じ、-1のとき全く逆、0のときは、全く関係なく動いた、という意味。
  • 相関係数±0~ ±0.4のとき、弱い相関。±0.7~±1のとき、強い相関。と言われている。
  • 相関関係の弱い証券を組み合わせると、リスクが減る、と言われている。

 なお、相関係数は、Excelさえあれば、誰でも計算できます。

  1. ヒストリカルデータをなんとかして入手しExcelに落とす。(Yahooなどで入手可能)
  2. 月次リターン(根性があれば日次?)をExcelで計算する。
  3. ExcelのCorrel関数を使って、任意の二つの月次リターンの相関を計算する。

 おそらく、一番、かったるいのは、手順の1でしょう。

 私は下記の本の、p84-86で勉強しました。ぜひ、皆様にも計算していただき、私の計算間違いを指摘していただけると幸いです(爆)。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« 2007年7月2日~7月6日(国内約定日) 楽天証券  米国ETF 売買代金ランキング-上位10銘柄 | トップページ | 海外の上場投資信託、東証に上場方針 年度内にも »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/15761576

この記事へのトラックバック一覧です: 2004/7-2007/6 SPY EFA EEM の相関係数:

« 2007年7月2日~7月6日(国内約定日) 楽天証券  米国ETF 売買代金ランキング-上位10銘柄 | トップページ | 海外の上場投資信託、東証に上場方針 年度内にも »

 
 
Copyright © 2005 - 2018 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.