« グローバル企業トヨタの時価総額 | トップページ | 会社勤めでお金持ちになる人の考え方・投資のやり方 »

2007年7月23日 (月)

イーバンク銀、筆頭株主に政投銀 マネックス含め3社提携

 本日の日経3面です。

インターネット専業銀行のイーバンク銀行に日本政策投資銀行が資本参加し、筆頭株主になったことがわかった。イーバンクが実施した第三者割当増資を引き受けるなどして、発行済み株式の15%弱を取得したとみられる。イーバンクは株主構成を安定させ、早期の株式上場をめざす。政投銀は上場益などをねらう。両社はネット専業証券のマネックス証券とも提携関係を結んだ。

 紙面によると

  • 日本政策投資銀行 は、「完全民営化に向け、現在の融資主体の業務から企業への投資で利益を上げるビジネスモデルへの転換を進める一環と見られる。」
  • 政投銀は、マネックスの親会社であるマネックス・ビーンズ・ホールディングスの株式の3%弱を取得。イーバンクは約1.5%を出資する予定。
  • マネックスはイーバンク株の4.9%を取得

 マネックス+イーバンク+日本政策投資銀行という組み合わせは、意外でした。

 今後の動向を見守りたいと思います。

ご参考:マネックス証券とイーバンク銀行が資本提携

-----------

ybさんが

 というエントリーで海外ETF取り扱い要望に関するお話を書かれています。

 私としては、海外ETFもそうですが、他社にない商品ということで、バンガードの取り扱い拡充などもお願いしたいところです。

 下記の本P94では、米国市場の海外ETFについて、内藤さんもこう書いています。

これらのETFは楽天証券を除くと、対面型の大手証券でしか取り扱いをしていません。

 執筆された時点では、イートレードは、まだ取り扱いしていなかったようです。

 マネックス・ユニバーシティ代表取締役の内藤さんとしても、忸怩たる思いがあったのでは、と勝手ながら想像してしまいます。

 商品政策の面で、今回の提携が、プラス方向に効いてくれるとうれしいですね。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« グローバル企業トヨタの時価総額 | トップページ | 会社勤めでお金持ちになる人の考え方・投資のやり方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/15856326

この記事へのトラックバック一覧です: イーバンク銀、筆頭株主に政投銀 マネックス含め3社提携:

» 政投銀も民営化するんだった [週刊☆あべ 礼治]
今年の10月から郵便局が民営化することは周知の事実ですが(参院選で与野党が逆転しても、民営化がひっくり返ることはないでしょう)、他にも民営化される金融機関があったことを忘れそうになっていました。 覚えてま... [続きを読む]

受信: 2007年7月23日 (月) 20時22分

« グローバル企業トヨタの時価総額 | トップページ | 会社勤めでお金持ちになる人の考え方・投資のやり方 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.