« 年金問題の正しい考え方 | トップページ | 2004/7-2007/6 SPY EFA EEM の相関係数 »

2007年7月14日 (土)

2007年7月2日~7月6日(国内約定日) 楽天証券  米国ETF 売買代金ランキング-上位10銘柄

 楽天証券さんのサイトに米国ETFの売買代金ランキング が発表されています。

順位 ティッカー 銘柄名
1 EEM iShares MSCI EMERGING MKT
2 EFA iShares MSCI EAFE Index Fund
3 EWZ iShares MSCI BRAZIL Index
4 IVV iShares S&P500 Index Fund
5 SPY SPDR Trust Series1
6 EPP iShares MSCI PACIFIC EX-JAPAN Index
7 EZA iShares MSCI SOUTH AFRICA Index
8 EWT iShares MSCI TAIWAN Index
9 DVY iShares DJ SELECT DIVIDEND Index
10 IYR iShares DJ US REAL ESTATE Index

 やはり、EEMが1位ですね。それにしても、日本人は、エマージングが好きですね。

 私としては、 エマージングは、ポートフォリオの10%以下にすることをおススメしておきます。

 意外?だったのは、3位、ブラジルで、その次が、アメリカ。

 サブプライムローン問題もなんのその?、IYRも入っています。

 「楽天証券内 米・中国株式売買代金ランキング開始!」ということですので、今後も発表しつづけるのでしょうか。ご興味のある方はウォッチしてみてください。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« 年金問題の正しい考え方 | トップページ | 2004/7-2007/6 SPY EFA EEM の相関係数 »

コメント

私見では、まだIVVの方がSPYより売買高が高いというのも驚きですね。

EFA,EEMはある意味必然的な選択肢ですが、アメリカは種類が多様なため、分散して上位に来難いかも知れません。

投稿: 新幹線 | 2007年7月14日 (土) 21時02分

新幹線さんのおっしゃる通り、選択しが複数内からという理由もあるでしょうし、国内で販売されている新興国ファンドの信託報酬が高いという理由もあるでしょうね。

私自身も早くBRICs系ファンド分だけはEEMに乗り換えなくてはと思っています。

IVVとSPYの差がどれくらいかわかりませんが、IVVが上に来ている理由が信託報酬の差だとしたら興味深いですね。

投稿: yb | 2007年7月15日 (日) 08時56分

皆様コメントありがとうございます。
>新幹線様
 ご指摘のようにIVV+SPYの売買額で比較しないと、ほんとのところはわかりませんね。おそらく、上位の方に行くと思います。

>yb様
 割高な新興国ファンドから、EEMに乗り換えをする方は、多いかもしれませんね。
 IVV、SPYのコストやパフォーマンス上の差は、ごくごくわずかですので、しいて言うなら、趣味の差ですかねえ、何の趣味かよくわかりませんが(^^;)。まあ、来週?には、ランキングが変わるかもしれませんし。

投稿: NightWalker | 2007年7月15日 (日) 11時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/15755524

この記事へのトラックバック一覧です: 2007年7月2日~7月6日(国内約定日) 楽天証券  米国ETF 売買代金ランキング-上位10銘柄:

» 新興諸国株が熱い    ? [株をはじめる前に読むブログ]
私は、月に2回Excelに投資成績をまとめています。今回入力していて若干サプライズがあったので記事にしました。1ヶ月前の6月15日と比べて、保有の投資信託の基準価格がどうなったかというと。 TOPIXとだいたい同じ様に動... [続きを読む]

受信: 2007年7月16日 (月) 11時13分

« 年金問題の正しい考え方 | トップページ | 2004/7-2007/6 SPY EFA EEM の相関係数 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.