« 日本株の売買動向 2007年年初~6月第2週 | トップページ | 三菱UFJの周辺 »

2007年6月25日 (月)

投資信託、本当に儲かってますか?

NBonlineにちょっと興味を引いた記事がありましたので、ご紹介しておきます。

問題は何か。それは高い「手数料」を取る投信商品が必ずしも高い投資リターンに結びついていないという事実である。

  というお話であります。

  この記事では、手数料とリターンの相関図が出ています。(今度、自分でも作ってみようと思います。)

  • 高いコストを払ってもリターンは上がらない
  • 日本株の投信の平均リターンは、TOPIXに負ける

 とまあ、いつものご指摘です。

 これを踏まえ、

  1. 金融商品のセールスマンは、投資家の利益ではなく自分の利益のために働いていると心得るべし。
  2. わずかなコスト差でも、長期では大きな差になると認識すべし。
  3. 株投資は、インデックスを主体にすべし。
  4. 市場リターンを超える成績が欲しければ、個別株投資をすべし。

 てな具合で、いつものご指摘です。

 面白かったのは、この記事が、

  • 6/25 22:00現在 「読者が選ぶ注目記事」の第1位

 だったことです。この種の記事が、NBonlineのようなサイトで1位になるとは!それだけ、ローコスト投資に注目が集まっているということでしょうか。

 また、コメントも面白いです。いろんなひとがいらっしゃいます。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 日本株の売買動向 2007年年初~6月第2週 | トップページ | 三菱UFJの周辺 »

コメント

どうもあの相関図、販売手数料と信託報酬を混ぜて計算しているんじゃないかと。とすればフェアではない気がするんですがどうでしょうか。

後、小型株とか低位株とか成長株とかバリュー株かとのテーマ別のファンドも一緒に扱われているのも不満です。この手のテーマはトレンドがあるわけで常に勝ち続けている分野はホントに少ないです。投資家自身の売買時期の見極めが重要になるわけで、それが出来ないようならインデックス型にしなさいよ、というのならまだ分かる。

投稿: Mc.N | 2007年6月26日 (火) 00時52分

たぶん「online」だから注目一位になったのでしょうね。紙の日経ビジネスだったらここまで賛同を集めることは出来なかったと思います。

投稿: SE | 2007年6月26日 (火) 09時49分

皆様コメントありがとうございます。

Mc.N様
 相関図の件、ご指摘ありがとうございました。
 記事を読んだあと、なんとなく違和感を感じてたんです。

SE様
 >紙の日経ビジネスだったらここまで賛同を集めることは出来なかった
 そうですね。クリックしたくなるタイトルだったのかもしれません。

投稿: NightWalker | 2007年6月26日 (火) 19時47分

5年できっている恣意性がどうかはあるかと思いますが、平均投信保有期間が3年ちょっとというデータもありますので、「一定期間の総手数料」で販売手数料を混ぜた判断もありかもしれません。

購入時にかかる手数料を希釈する意味からも「投信は買ったら長期保有」が有利です。信託報酬が安いのが前提ですが。(山崎元さんが似たようなことを言っていた覚えが)

投稿: MAT.N | 2007年6月27日 (水) 10時41分

MAT.N様
 コメントありがとうございます。
>「投信は買ったら長期保有」が有利です。信託報酬が安いのが前提ですが。
 おっしゃる通りです。ただ、長期で勝ちつづける戦略は難しそうなので、長期に保有するならインデックスというのが、セオリーでしょうか。

投稿: NightWalker | 2007年6月27日 (水) 22時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/15558389

この記事へのトラックバック一覧です: 投資信託、本当に儲かってますか?:

» 長期投資向き、日本株アクティブファンド [インデックス投資、長期投資、積立投資など]
信託報酬1%と低コストで、長期にわたって安定した運用実績をもつ日本株アクティブファンドを一覧にしてみました。 リターンは、2007年6月末現在のものです。 尚、「アクティブ バリュー オープン」と「インベスコ 店頭・成長株オープン」は、大手格付け会社の[http://www.funds-sp.jp/ym/ 米スタンダードプアーズ社(S&P)]より、AAA(トリプルA)の[http://www.funds-sp.jp/ym/help.html#rating 格付け]評価を得ています。 ●長..... [続きを読む]

受信: 2007年7月23日 (月) 20時54分

« 日本株の売買動向 2007年年初~6月第2週 | トップページ | 三菱UFJの周辺 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.