« セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド における投資国比率 | トップページ | 日本株の売買動向 2007年年初~6月第2週 »

2007年6月24日 (日)

カード大手、年会費の有料化や提携カード縮小の動き

 2007年6月24日、日経新聞の報道。無料カードをたくさんお持ちの方には、ちょっと、ショックかもしれないニュースです。

クレジットカードや信販各社が、カードをほとんど利用しない「休眠会員」の整理に乗り出した。年会費の有料化や提携カードの縮小などによって「発行枚数=量」から「採算性=質」への転換を図る。長期間利用しないと思いがけず会費を請求されたり、使えなくなったりする可能性もあるため、使わないカードを持っている人は注意が必要だ

  ネットには引用されていませんが、紙面によると、以下の会社さんに動きがある模様です。

  • ソニー系 一部を除いて無料だった年会費を今年度から2,100円に。前年に一度でも利用していれば無料を継続。
  • オリコ 提携カードの見直し。
  • クレディセゾン 提携先を縮小中。

法改正に伴ってキャッシング依存の収益構造は崩壊。カード一枚当たりの維持管理コストは保険料や郵送料などで「最低でも年1,300円以上はかかる」(大手カード会社)といい、今後、有料化や提携先の縮小がカード業界全体に波及する公算は大きい。

 現時点では、「公算が大きい」という段階です。ソニーカードさんのサイトをチェックしてみます。

 今のところ、無料のものが多いですが、やがて、切り替わっていくということでしょうか? 永久無料となっているものまで、有料化あるいは廃止になってしまうといやですね。今後の動向に注視したいです。

 カード(ついでに金融口座も?(^^;))の作りすぎにはくれぐれもご用心ください。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド における投資国比率 | トップページ | 日本株の売買動向 2007年年初~6月第2週 »

コメント

流れとしてはやむを得ないといえるかもしれません。

ただ私が持っているカードには、昨今は作る気がないにも関わらず、イーバンクのように半ば強制的にセットにされたもの、ゲオのように更新の手間を省くために作らされたのもありますので、これらについてはどうするのか気がかりなところです。「向こうの都合によって作らされたのに、突然会費請求はいかがなものか」と思いますので。

投稿: 新幹線 | 2007年6月24日 (日) 19時20分

グレーゾーン金利撤廃の余波ですね。
私はクレジットカードおたくなので、カードの更新減るだろうなぁと思います。所有クレジットカード20枚で合計の与信金額は年収の2倍です(笑。
(多重債務ではなく)多重申込みでどれだけカードが作れるかということで遊んでましたが、そろそろ遊べなくなりそうです。使っているカードは2枚だけですから、残り18枚は無くなるのか、対応を見守りたいです(実害もありませんし)。
年1回使って有料化逃れをしてみるという、ほとんど嫌がらせみたいなことも、ちょっと考えてます(爆。

>新幹線さま
>「向こうの都合によって作らされたのに、突然会費請求はいかがなものか」

クレジットカードは自分の意志で契約するものです。作らされたということは、クレジットカード会社との契約上ありえません。
署名捺印及び本人証明を要求されますから、それを拒否しなければ、自分の意志で契約したと見なされます。

また突然年会費の請求もされません。契約条項の変更になりますから、事前の通知がなければ請求はできません。
イーバンクカードについてですが、クレジットカード機能無しのカードも提供されていました。クレジットカード付きのカードを選択したのは、御自分の意志ではなかったのでしょうか?
少なくと自分の意志で契約したクレジットカードと思えないのであれば、即刻解約すべきです。
また今後自分の意志で契約する、クレジットカード以外の契約書にも署名捺印をする時があると思いますので、小さい字の約款を読んで理解できなければ拒絶または留保するという姿勢が大切になると思います。
契約書は、読もうが読むまいが、署名捺印したら、了承したものと見なされます。
軽く考えていると痛い目にあう事があるということは、覚えていた方が良いと思います。

投稿: とりさん | 2007年6月24日 (日) 21時11分

イーバンクは新しくデビッドカードを出しますので、私はそれに乗り換えです。
海外でのATM出金の手数料が安いので海外旅行に便利そうです。

投稿: Dr.CFP | 2007年6月25日 (月) 06時23分

とりさん様、ご指摘ありがとうございます。確かにその通りであると思います。軽々しい口調で申し訳ありませんでした。

投稿: 新幹線 | 2007年6月25日 (月) 14時31分

皆様コメントありがとうございます。
>新幹線様
 実は、私、イーバンクの口座は、カードなしなんです。パソリを持っているので、引き出すときはEdyだったりするのです。

>とりさん様
 に、20枚ですか?すごいですね~。管理が大変そうです。

>Dr.CFP様
>イーバンクは新しくデビッドカードを
 ほんとですね。私も検討したいと思います。

投稿: NightWalker | 2007年6月25日 (月) 21時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/15540617

この記事へのトラックバック一覧です: カード大手、年会費の有料化や提携カード縮小の動き:

» カード大手、休眠会員削減 [うんぼぼの投資日記]
ようやく梅雨入りしたような天気です。 今日も日本経済新聞ネタです。 NIKKEI NETに「カード大手、休眠会員削減・利用者側も選別重要に」という記事がありました。 NightWalkerさんも「カード大手、年会費の有料化... [続きを読む]

受信: 2007年6月24日 (日) 13時31分

« セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド における投資国比率 | トップページ | 日本株の売買動向 2007年年初~6月第2週 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.