« ニュートンの計算 | トップページ | カード大手、年会費の有料化や提携カード縮小の動き »

2007年6月23日 (土)

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド における投資国比率

 セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの投資国比率を検討してみました。

 まず、目論見書上の投資比率です。

  株式 債券
日本 6.0% 9.0%
米国 24.0% 20.0%
ユーロ 16.0% 21.0%
エマージング 4.0%  

 外国株式部分、外国債券部分をそれぞれ案分して、米国への投資比率を計算。これと、中央三井外国株式インデックスファンド、および、中央三井外国債券インデックスファンドの米国への投資比率と比較してみたのが下表です。

  株式 債券
中央三井 53.3% 28.5%
セゾン 54.5%

48.8%

 株式クラスはほぼ同等ですが、債券における米国比率が、中央三井(すなわち≒シティグループ世界国債インデックス)より大きいです。

 5月31日末付けの月次運用レポートによる比率は、以下の通りです。

  株式 債券
日本 4.7% 8.1%
米国 22.4% 18.7%
ユーロ 15.9% 20.0%
エマージング 4.1% 0.0%
現金  

6.2%

 現金部分を除いて、同じように米国投資比率を計算してみました。

  株式 債券
中央三井 53.3% 28.5%
セゾン 52.8% 48.3%

 ほぼ、同じ計算結果です。(目論見書通り、運用しているということでもありましょうか)やはり、債券部分における米国比率が高いです。

 外債は、為替の影響を受けることが多いようです。

 ところで、この3か月、為替はどうだったでしょう。

通貨 3月15日 6月15日 騰落率
ドル 117.47 123.43 5.07%
ユーロ 155.48 165.24 6.27%

 やや、ユーロの方が、円安に振れていますね。

 米国、ユーロ、パシフィック、エマージング、日本。この配分にこそ、投資戦略の妙があるように思います。

<お願い>

 表の表示が変になる件、現在も調査中ですが、何となくわかりそうな気がしてます。もし、上記の表で、やはり表示がおかしいという方がいらっしゃったらコメントください。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« ニュートンの計算 | トップページ | カード大手、年会費の有料化や提携カード縮小の動き »

コメント

債券投資をこれに一任している私としては、ためになる記事です。米国の投資比率が高いというのは、大いに参考となりました(世界市場における割合は株式では米国の比率が高いのに、債券では欧州の比率が高いところが、影響しているのでしょうか)。

たぶん来月中には海外債券インデックスファンドと外貨MMFも買うと思いますので、私の投資比率は一定ではなくなると思われます。

投稿: 新幹線 | 2007年6月23日 (土) 22時59分

新幹線様
 コメントありがとうございます。
 海外投資の場合、各国への投資比率は、よく見ておかないといけないですね。

投稿: NightWalker | 2007年6月24日 (日) 12時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/15466164

この記事へのトラックバック一覧です: セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド における投資国比率:

» 積立で買える手数料無しのインデックスファンド [インデックス投資、長期投資、積立投資など]
[http://www.zai.ne.jp/zai/index.html ダイヤモンドZAi(8月号)]でインデックスファンド特集がされていましたが、あらためてコストが安く、分配金をなるべく出さず(複利効果が高く)、積立可能なインデックスファンドをまとめてみました。 ●積立で買える手数料無しのインデックスファンド (1)日本株インデックスファンド   ・[http://www.am.mufg.jp/fund/top/925145.html トピックスオープン]    【購入手数料..... [続きを読む]

受信: 2007年6月24日 (日) 06時55分

« ニュートンの計算 | トップページ | カード大手、年会費の有料化や提携カード縮小の動き »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.