« 投資を始める方へ(11):日本債券は組み込むべきか? | トップページ | 中国、個人の外国株投資を銀行経由で解禁 »

2007年5月13日 (日)

投資を始める方へ(12):分別管理

 さて、aoisora様からの質問コーナー、その2です。

2)セゾン投信や楽天証券が破綻した時はファンドやETFの扱いはどのようになるのでしょうか?

 この質問の回答は、以下のサイトにあります。

   aoisoraさん、おわかりいただけましたか?次の二つがわかったハズです。

  • 証券取引法上、普通の有価証券類は、分別管理により、守られる。
  • わからないことは、自分で調べることができる良い時代。(この質問に関する回答は、「私が詳しいから」ではなく、「各証券会社のサイトをほんの数分間、調べたから」回答できた話です)

  特に2番目ができないと、投資は難しいですぞ。どうしても聞きたい場合は、

  • 証券会社等に電話で聞く。(ただし、事務的な質問に限る。どの商品を買うかは、絶対聞いてはいけない)
  • 投資に詳しいやさしい人に聞く(メシをおごれば教えてくれると思う)
  • 掲示板等で聞く(やさしい人がいれば、本当のことを教えてくれる。場合によっては、とんでもない回答を教えてもらうことになる。)
  • しかるべき独立系ファイナンシャルプランナーに相談する(有償です)

  です。

  知識は、本来、タダではありません。私のブログ含め(笑)、無料の知識には注意が必要です。このあたりからして、リスクだらけなんですね。

  aoisoraさんの、投資人生に幸多からんことをご祈念致します。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 投資を始める方へ(11):日本債券は組み込むべきか? | トップページ | 中国、個人の外国株投資を銀行経由で解禁 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/15057486

この記事へのトラックバック一覧です: 投資を始める方へ(12):分別管理:

« 投資を始める方へ(11):日本債券は組み込むべきか? | トップページ | 中国、個人の外国株投資を銀行経由で解禁 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.