« アクティブ・インデックス投資 | トップページ | 投信手数料高どまり »

2007年5月 8日 (火)

ギブ&テイク

  当ブログは、政治系ではありませんが気になった記事があったので、スクラップ。

自民党は、参院選に向けた業界団体の引き締め策として、同党への支援を数値化し、貢献度に応じて団体側の要望を政策に反映させる仕組みを導入することを決めた。

 貢献度を、す、数値化?

  数値好きの私としては、「数値とはリターンなり!」(ほとんどビョーキかも、自分で言ってりゃ世話ねーや)、えーーーーーー、献金の金額??と、一瞬思ってしまいました。

 さすがに、そういうことは書いてはありません。しかし、

(1)候補者への推薦の有無(2)団体役員による関連団体回りの実施(3)名簿や人員の提供(4)集会の実施数(5)党員獲得数

  と、党員獲得数?

  政治の世界も、ギブ&テイクなんでしょうか?そもそも、どうやって、計測するのでしょうか?

「民主党にも推薦を出せば、その団体の要望を聞くことは難しくなる」

 どひゃー、すごい!すごすぎです。

 本当なんでしょうか?

 経団連は、どうするのでしょう。

 経営層は全員、自民党に入党 しなければならなくなるかもしれません。(ジョーダンですよ、念のため)

 政治と言えば、rennyさんの下記ブログエントリーでも取り上げられている、確定拠出年金改革ですが、私も同制度の適用拡大、関連税制改善に向けた、関係各位のご活躍を期待しております。

 現経団連会長、御手洗さんも推進派のご様子です。(経済諮問会議の資料 p3あたり)心強い?限りなのですが、もし、経団連が、今度の選挙で中立の対場をとったら、先の「数値化された貢献度」で、優先順位が下がる....なんてことは、あってはいけませんよね。

 私としては、朝日新聞の報道が何かの間違いであったことを祈りたいと思います。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« アクティブ・インデックス投資 | トップページ | 投信手数料高どまり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/15001931

この記事へのトラックバック一覧です: ギブ&テイク:

« アクティブ・インデックス投資 | トップページ | 投信手数料高どまり »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.