« 投資を始める方へ(2):いきなりアセットアロケーション(その1) | トップページ | 投資を始める方へ(4):いきなりアセットアロケーション(ツール編) »

2007年4月 1日 (日)

投資を始める方へ(3):いきなりアセットアロケーション(その2)

  投資を始める方へ(2):いきなりアセットアロケーション(その1)の続きです。

  長期投資で重要なことは、次の3つであるといわれています。

  1. 資産配分(アセット・アロケーション)
  2. 投資コスト
  3. 時間(マーケットタイミング)

  このうち、資産配分が、成果の8割を決めると言われています。

 複数の資産に分散することでリスクを下げ、リターンを安定させることが出来るのです。ここでよく言われるのが、相関関係の低い資産を組み合わせなさい、ということですが、本当なんでしょうか?

 具体的に見てみます。相関関係の互いに異なる資産A~Fを仮定します。

資産 相関係数
A 1.0
A 0.5
A 0.0
A -0.5
A -1.0

 資産Aと資産Bの相関係数=1、まったく同じ値動きをする資産。資産Aと資産Cの相関係数=0、相関関係がまったくない資産。資産Aと資産Fの相関係数=-1、まったく逆の値動きをする資産です。

 ここで、各資産のリターンは、すべて5%、リスク(標準偏差)はすべて20%とします。

組み合わせるとどうなるでしょう。

パターン 1 2 3 4 5
資産
配分
A 50% 50% 50% 50% 50%
B 50% 0% 0% 0% 0%
C 0% 50% 0% 0% 0%
D 0% 0% 50% 0% 0%
E 0% 0% 0% 50% 0%
F 0% 0% 0% 0% 50%
期待
収益率
5.0% 5.0% 5.0% 5.0% 5.0%
リスク
(標準偏差)
20.0% 17.3% 14.1% 12.2% 0.0%

 期待収益率は、すべて、5%なのに、リスクは、相関関係がなくなり、逆の相関関係になるに連れ、小さくなっていくんですね。

 相関係数が-1の資産Aと資産Fの組み合わせでは、なんとリスクゼロです。

 不思議ですね。現代ポートフォリオ理論。計算上は、そうなっちゃうんですね。

 ってことは、完全に逆の相関関係があり、長期的にプラスリターンが期待できる二つの資産を見つけ出すことができれば、リスクなしでお金が増えていくことになります。多くの資産は、相関関係があります。そんな組み合わせは、そう簡単に見つからないと思います。

  もし、見つかったら、こっそり、私にだけ教えてください。

  なぜ、こっそりかというと、わかるとその組み合わせにみんな投資するようになるので、たぶん相関関係が変化してしまうからです。まあ、現代は、コンピュータですべての銘柄(投資先)の組み合わせの相関関係を計算できると思うので、プロの方は、相関関係が逆の組み合わせをご存知なのかもしれません(あくまで想像です)。でも、その情報は、瞬く間にプロの間で共有され........考えるのは止めた方が良さそうです。

  ってなわけで、分散するとリスクを下げることができるけれども、いろいろな市場参画者がいる以上、その効果は日々変化していく、ということになりそうです。一方、相関関係がまったく同じと言う組み合わせも逆に存在しにくいので、分散効果は、ゼロにはならないと思います。

  こんなことを考えながら、自分なりに資産の組み合わせを考えていくしかありません。

  「投資初心者に向いた資産の組み合わせを教えてください」という質問にお答えするのは、非常に難しいです。もしあるとすれば、それは、「リスク資産に投資しないことです」となります。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« 投資を始める方へ(2):いきなりアセットアロケーション(その1) | トップページ | 投資を始める方へ(4):いきなりアセットアロケーション(ツール編) »

コメント

期待収益率と相関係数って独立じゃないですよね?
相関係数-1で50%ずつもったらリスク0になるのは、Aの収益をFが打ち消して常に儲けが0になるからですよね。

まさしくフリーランチはない、ってことですよね。

投稿: | 2007年12月22日 (土) 14時45分

>?様

 期待収益率と相関係数は、独立です。
>常に儲けが0になる
 期待収益率が5%, リスク20%、相関係数=-1の資産AとFが1標準偏差分ぶれたとします。
 すると、
 資産A=+25%の収益(=5%+20%)
 資産F=-20%の収益(=5%-20%)
 平均すると、やっぱり、5%の収益、となります。
 計算上、儲けはゼロにならないんです。

 しかし、このような状態になり続ける組み合わせは、現実には存在しません。
 ゆえにフリーランチは存在しないんですね。

投稿: NightWalker | 2007年12月22日 (土) 15時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/14479287

この記事へのトラックバック一覧です: 投資を始める方へ(3):いきなりアセットアロケーション(その2) :

« 投資を始める方へ(2):いきなりアセットアロケーション(その1) | トップページ | 投資を始める方へ(4):いきなりアセットアロケーション(ツール編) »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.