« セゾン投信からのハガキ | トップページ | 投資信託にだまされるな!を読んで良い投信を探しましょう »

2007年4月15日 (日)

バンガードトータルストックマーケットインデックスとiShares S&P 500 インデックスの比較

   さて楽天証券で取り扱われている、iShares S&P 500 Index(IVV)ですが、 マネックス証券で扱っているVanguard Total Stock Mkt Idx と比べて、どうなんでしょうか?

  なおきさんから、貴重なコメントをいただいています。以下、引用です。

アメリカのモーニングスターで、こんなデータを見つけました。バンガードトータルストックマーケットインデックスとiShares S&P 500 インデックスの税コストの比較です。

このデータによるとS&P500は銘柄入れ替えがあるので余計な税コストが掛かっているかもしれないです。

  米国Yahooで比較してみましょう。5年間のパフォーマンスです。

Vtmsvsivv_1

  5年間のパフォーマンスではバンガードトータルストックマーケットインデックスが勝っています。これがコストの差によるものかどうかはわかりません。

  なおきさんに教えていただいた情報を整理してみます。

(2007年3月末のデータ)

  iShares S&P 500 Index IVV Vanguard Total Stock Mkt Idx VTSMX
Pretax Return 6.17 7.50 1.33
Tax-adjusted Return 5.52 7.16 1.64
Tax Cost Ratio 0.61 0.32 -0.29

 単に税コストの差によるものだけではなさそうです。

  • バンガードの方が、基本のパフォーマンスが1.33%(おそらく年率)高い。
  • 税引き後では、税コストの差が、0.29%あるためか、差は広がり1.64%。

   次に、税コスト及びマネックス証券でかかってしまう外国口座管理手数料を加味したコストをまとめてみます。

  iShares S&P 500 Index IVV Vanguard Total Stock Mkt Idx VTSMX
エクスペンスレシオ 0.09 0.19 0.10
税コスト 0.61 0.32 -0.29
外国口座管理手数料 0.00 0.63 0.63
0.70 1.14 0.44

  税コスト差はありますが、マネックスの外国口座管理料のせいで、iShares S&P 500 の方が0.44ポイント有利でした。やれやれ。

 次は、売買コストです。

  • iShares S&P 500 インデックスを楽天で購入する場合、購入売却時にそれぞれ31.5$かかり、計73$かかる。(やっぱり高いですね)
  • バンガードトータルストックマーケットインデックスは、ノーロード。

ETF 13-Apr 口数 購入金額
iShares S&P 500 Index (IVV) US$145.48 30

US$4,364.40

 上記条件では、73$/4364.4$=1.44%の売買コストがバンガードトータルストックマーケットインデックスに比べて余分にかかります。

 したがって、売却まで考慮すると、1.44%/0.44%=3.3年 回収に要します。

 次に、マネックス証券で購入したバンガードトータルストックマーケットインデックスからの乗り換えを考えてみます。このときかかるのが為替コストです。マネックスでの売却、楽天証券での購入にそれぞれ25銭/$、計50銭/$かかりますので、1$118円換算で、0.42%。これが余分にかかるコストです。

 これを加えると (1.44+0.42)/0.44=4.2年 回収に要します。

 コストの差は以上ですが、気になるのは、基本のパフォーマンス。米国全体に投資するバンガードトータルストックマーケットインデックスは、やはり有利なんでしょうか。

 IVVとは長期比較ができなかったので、S&P500指数そのものと比較します。

Vtsmxvssp500_2

  90年代はS&P500の方がパフォーマンスが良く、長期ではトントンです。しかし、上記はS&P500指数そのものであり、実際に運用しているiShares S&P 500 では、税コスト含めると年間0.70% かかってしまうようです。この仮説が正しいとすると、10年間複利計算では、7.2%のパフォーマンス差となって見えてくる可能性があります。

 こう考えていくと 米国全体に投資するバンガードトータルストックマーケットインデックスはやはり魅力があります。少額による分割購入も可能です。

 先の回収期間3.3年(乗り換えの場合4.2年)の間に米国全体に投資する海外ETFが購入できるようになったら、どうするか。はたまた、よりローコストの売買手数料で海外ETFが購入できるようになったらどうするか。実に悩ましいところです。

< お読みのみなさんへ>

 本エントリーは、私の米国投信事情の知識不足による勘違いがあるかもしれません。ご指摘いただければ幸いです。

<ご参考>

  さっそくコメントいただきました、余六さんの記事をぜひご覧ください。

近いうちに、回転率Turnover Rateの、便利さと落とし穴
ETFは投信より、税金面で少し有利
について私の理解するところを書きます。ぜひ読みに来てください。

   とのことです。楽しみですね。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« セゾン投信からのハガキ | トップページ | 投資信託にだまされるな!を読んで良い投信を探しましょう »

コメント

NightWalkerさん、こんばんは。

さっそく記事にしていただいたようでありがとうございます。後、私の名前も覚えてもらっていたようでありがたいです。

今回のコストの件ですけど、バンガードトータルストックマーケットインデックスの方がiShares S&P 500 インデックスより配当利回りがよいらしいということも、バンガードの方が有利な点だと思います。(yahoo financeのチャートは配当再投資無しのチャートなので。具体的な配当利回りは分からないです。すみません。(^^;))

それでは、これからもブログがんばってください。いつも見てます。


投稿: なおき | 2007年4月16日 (月) 00時39分

税は大事なトピックで、僕も勉強中です。自分のブログでも引用いたしました。
http://yoroku.blogspot.com/2007/04/etf.html

それと、このホームページのまんなかくらいにSP500とTotalStockMarketのもっと長い歴史がのっています。
http://www.vanguard.com/bogle_site/sp20020626.html

おおざっぱな平均ですがSP500のほうが0.4%リターンがよい(10.7%対10.3%)とのことです。差がこんなに小さいから、NightWalkerさんがおっしゃるとおり、税金や運用費用の大小が大事になってくるようです。

投稿: 与六 | 2007年4月16日 (月) 09時55分

皆様コメントありがとうございます。
>なおき様
 なおきさんには、このブログの来訪者が日に数十名だったころから、貴重なアドバイスや、私の計算魂を刺激するトリガーをかけていただき、感謝しております。また、難しくない程度に(笑)、お題を頂戴できれば、うれしく思います。

>与六様
 記事、拝読させていただきました。たいへん参考になりました。私の記事の方にも反映し、ご紹介させていただきました。税金もばかになりませんね。

投稿: NightWalker | 2007年4月16日 (月) 22時10分

こんばんは。

楽天証券でDIAとSPYが来てますよ。(^_^)

投稿: なおき | 2007年4月25日 (水) 20時54分

なおき様
 情報ありがとうございます。
 別の記事を書いていて、楽天証券のサイトを見に行き、今気付いたところでした。
 水瀬さんは早速記事にしているようですね。

 SPYは、なおきさんご指摘の税コストも低めのようですね。買っちゃおっかなあ(^o^)。

投稿: NightWalker | 2007年4月25日 (水) 22時05分

投資初心者です。

バンガード・トータル・ストック・マーケット・インデックス・ファンドを購入しようと考えています。(マネックス証券で)

そこで、質問ですが、
マネックス証券での購入ではなく、米国の証券会社で直接購入する方法とかはありませんか?

投稿: 投資初心者 | 2012年10月 9日 (火) 12時59分

投資初心者様
 コメントありがとうございます。
>米国の証券会社直接購入する方法とかはありませんか?
 残念ながらコスト含むもろもろのハードルが高いようで私自身は知りません。
 お力になれずすみませんm(__)m

投稿: NightWalker | 2012年10月18日 (木) 23時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/14684439

この記事へのトラックバック一覧です: バンガードトータルストックマーケットインデックスとiShares S&P 500 インデックスの比較:

» Firstrade で買えるミューチュアルファンド [乙川乙彦の投資日記]
Firstrade の Mutual Fund(日本の投資信託のようなものですが)についても、さまざまな種類のものが取りそろえてあり、選ぶのが大変です。10,000 種類以上あると書いてあります。 Vanguard のものだけを抜き出しても、87 種類あります。全部ノーロードです。 以下、シン..... [続きを読む]

受信: 2007年4月18日 (水) 04時50分

« セゾン投信からのハガキ | トップページ | 投資信託にだまされるな!を読んで良い投信を探しましょう »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.