« 2006年度 中国との貿易額が米国を超えました。 | トップページ | 長期投資に向いた資産、という難しい課題 »

2007年4月25日 (水)

楽天証券 海外ETFをさらに追加!! 新商品SPYとIVVを比較してみる!!

  またしても、楽天証券殿が、海外ETFを新発売!です。

  米国株式取扱銘柄(海外ETF)追加のお知らせ 

  水瀬さんがさっそくブログの記事にしています。早い!

  ネット証券初!楽天証券がアメリカン証券取引所上場ETF(DIAMONDS、SPDR)取扱い開始(梅屋敷商店街のランダム・ウォーカーさん)

  5月2日(水)国内約定分より、

  • DIAMONDS Trust Series1(DIA) :ダウ工業株30種平均に連動することを目的とする商品
  • SPDR Trsut Series1(SPY) :S&P500指数に連動することを目的とする商品

 を発売開始です。連休中の営業日に出してくるなんて憎いなあ!ひまにまかせて買っちゃうじゃないですか!(笑)

 てなわけで、緊急企画として、気力を振り絞り!新商品SPY対IVVの比較を行います。

 バンガードトータルストックマーケットインデックスとiShares S&P 500 インデックスの比較

 というエントリーで行ったのと同じように比較をしてみます。

 

IVV

SPY

税引き前
平均リターン(5年)

6.17%

6.15%

税引き後
平均リターン(5年)

5.52%

5.79%

税コスト

0.61%

0.34%

信託報酬
(楽天証券HPによる)

0.0900%

0.0945%
実績コスト
(actual Fees)

0.09%

0.08%

   参考サイト:米国モーニングスターさん IVVSPY

  SPYの信託報酬については、楽天証券HPによると0.0945%なんですが、ここをみると、実績コスト(Actual Fees)に0.08%と書いてあるので、実際は、競争原理も働いて?安 く上げるべく努力しているようです。といってもほとんど誤差の範疇です。

  先日、なおきさんに教えていただいた、税コストですが、SPYの方が安いです。 VTSMXの税コスト0.32と比べても、同等水準です。

   やはり、買うなら、伝統と実績のSPYでしょうか?また、一つ楽しい悩みができました。

  皆様のご意見お待ちしています。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 2006年度 中国との貿易額が米国を超えました。 | トップページ | 長期投資に向いた資産、という難しい課題 »

コメント

こんばんは
ご存知かと思いますが、「iシェアーズ」で有名な大手英銀バークレイズの資産運用子会社、バークレイズ・グローバル・インベスターズ(BGI)は、外国籍の指数連動型上場投資信託(ETF)14本を日本に追加投入するというニュースがロイターで配信されていました。

投稿: エル | 2007年4月27日 (金) 00時51分

こんにちは。

税引き前リターンの微妙の差はなんとなく納得いくのですが、なんで税コストがこんなに違うんでしょう。

SPYの方が分配回数が多いから、特別分配金が何回かあったからって事ですかね?

投稿: staygold | 2007年4月27日 (金) 09時44分

楽天証券は私もリレー投資を将来行うため、口座を開こうかと考えていましたが、その魅力にますます磨きがかかっているようです。とりあえず、既に口座を開いている父の紹介という形で、一つ上の姉が口座を開きましたから、5月になったら私の名前でも口座を開くつもりです(楽天ポイントが入るためでもある)。

あと一つ質問させてください。現在イーバンク銀行に口座を開いていて、今後マネックス証券・カブドットコム証券・ジョインベスト証券・セゾン投信の口座開設を行うつもり(1、3番目はキャンペーンが主たる目的)ですが、他にNightWalker'sさんがインデックス投資のため一押しの銀行・証券会社というのはありますか?ネット系では他には現在、父が新生銀行と泉州銀行、母がソニー銀行に口座を有しています。

投稿: 新幹線 | 2007年4月27日 (金) 22時31分

皆様コメントありがとうございます。
>エル様
 エルさん、鋭いチェックですね!情報ありがとうございました。BGIは、
http://moneykit.net/visitor/fund/fund15.html
のように、かつて、ソニーバンクで、インデックスファンドを「繰り上げ償還」したという前科がありますから、信用ならないところもあるのですが、さすがにETFでは、それはないと思ってます。

>staygold様
 こんにちは!
 米国の税金については、余六さんのサイトが、とても参考になります。(私も米国の税金事情はさっぱりです)
 http://yoroku.blogspot.com/2007/04/etf.html

 ファンドに入っている個別株を売る際の、キャピタルゲインにかかる税金のようです。こういうところにも売買のやり方(運用回転率)のうまい下手が出てしまうのではないでしょうか?私はそう理解しています。

投稿: NightWalker | 2007年4月27日 (金) 22時53分

新幹線様
 コメントありがとうございます。
>他にインデックス投資のため一押しの銀行・証券会社というのはありますか?

 ありません!!(笑)

 イーバンクと楽天証券だけでも良いくらいだと思います。

 私はいろんなところに口座を開いていますが、あくまで、趣味の世界です。

投稿: NightWalker | 2007年4月27日 (金) 23時03分

税金面でIVVがSPYに勝てない理由の一部は、売買回転率の大きさにあります。マネージャーがファンド内で株の入れ替えを行う頻度です。これと税コストのあいだには一般に(例外もあります)正の相関関係があります。そしてアメリカの2003年以降の税制では、この関係が強化されています。売買を頻繁に行わない場合は配当につく税金が安めになる、という税制です。下記のホームページによると、たとえば2004年には、SPYはこの新税制を100%利用しました。しかしIVVは82.6%にとどまりました。
http://www.indexuniverse.com/printer.php?id=1135
http://yoroku.blogspot.com/search/label/%E7%A8%8E
ご参考までに。

ただ、回転率の差は微々たるもので(IVV7%、SPY4%、出典モーニングスター)、これが全てかどうかは存じあげません。どなたかご教示くださると助かります。

それと、SPYはIVVに比べて歴史があるぶん、老後に備えてこれから解約する人が増え、税コストがかさむ、との推測意見を目にしたことがあります。私には本当かどうか検証する力がありません。みなさんどう思われますか。

投稿: 与六 | 2007年4月28日 (土) 02時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/14847350

この記事へのトラックバック一覧です: 楽天証券 海外ETFをさらに追加!! 新商品SPYとIVVを比較してみる!!:

» 楽天証券が海外ETF取扱を拡充その2 [-資産運用-消費者に良い投資信託を買おう]
今回は、「楽天証券が海外ETF取扱を拡充その2」について書いていこうと思います。 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカーさんからのトラックバックで知ったのですが、 (相変わらず、アンテナが高く、関心させられます。) ... [続きを読む]

受信: 2007年4月25日 (水) 23時37分

» 楽天証券が海外ETFのダイヤモンズとスパイダーを販売開始 [ホンネの資産運用セミナー]
海外ETFの積極的拡充を進めている楽天証券が、アメリカン証券取引所に上場している海外ETFのダイヤモンズ(ダウ30連動)とスパイダー(S&P500連動)を5月2日から販売開始すると発表した(楽天証券)。... [続きを読む]

受信: 2007年4月26日 (木) 00時14分

» ANA x Virgin Atlantic [医師による医師・小金持ちのための資産運用・活用法   〜忙しい小金持ちのために〜]
おはようございます、嶋田です。 楽天証券でSPDR 500(SPY)の取引きが可能になりますね。SPYはアメリカン証券取引所で最もtrading volumeの多いETFです。つまり最も流動性が高く良い商品と言えるでしょう。とうとうAMEX上場ETF... [続きを読む]

受信: 2007年4月27日 (金) 10時57分

» 楽天証券で米国ETF [かえるの気長な生活日記。]
少し前に楽天証券から米国株式>米国株式取扱銘柄(海外ETF)追加のお知らせ'>お... [続きを読む]

受信: 2007年4月28日 (土) 19時43分

» 楽天証券での海外ETFの買い方 [株をはじめる前に読むブログ]
昨年10月19日から楽天証券でアメリカ株(SP500とNASDAQ)と中国株の海外ETFの取扱いが始まりました。さらに1月26日からはインド株のETFの取扱い開始。そして3月20日から、アメリカ以外の先進国(主にヨーロッパ)のETFと新興諸国のETFが... [続きを読む]

受信: 2007年5月 9日 (水) 21時34分

» 楽天証券で海外ETF7本追加 [医師による医師・小金持ちのための資産運用・活用法   〜忙しい小金持ちのために〜]
嶋田です。 本日の日経新聞で「海外のETF7銘柄追加」の見出しがありました。 やはり先陣は楽天証券。 先日バークレーズ・グローバル・インベスターズの動きの報道がありましたが、それに即座に反応する楽天証券の対応には敬... [続きを読む]

受信: 2007年5月10日 (木) 10時26分

» うんぼぼ1号(2007/05/11) [うんぼぼの投資日記]
うんぼぼ1号がスタートしました。 といっても、まだ大半がキャッシュです。 ・さわかみファンド(40.5%) ・キャッシュ(59.5%) キャッシュは来週下記投信に1:3の比率で投資します。 ・インデックスファンドTSP ... [続きを読む]

受信: 2007年5月11日 (金) 20時03分

» 移行開始 [馬橋のblog]
考えを変えて、楽天証券に口座開設しました。E*トレードでは申し込みに対する応答が遅く、口座を開くのに時間がかかったのですが、楽天証券は非常にスピーディで一週間で口座ができました。 新興国に投資するHSBCの投資信託を... [続きを読む]

受信: 2007年5月12日 (土) 13時48分

« 2006年度 中国との貿易額が米国を超えました。 | トップページ | 長期投資に向いた資産、という難しい課題 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.