« 日本の金融資産の推移:1997-2006 | トップページ | 2007年3月 総括 »

2007年3月29日 (木)

真っ当な株式投資

  日経BPonlineで 板倉雄一郎の『真っ当な株式投資』と言うタイトルの連載が始まりました。

  どうやら、同タイトルの著書発売に連動した企画のようです。

   で、早速この本、読んで見ました。

  感想......うーーーん、大筋、合意しましたっ!

  ちょっと気になったのは、デイトレードに対する認識です。著者は、デイトレードの問題を3つ指摘されています。

  その第1に、デイトレードは、価値を生まない。企業に資金を投じるという本来の目的を達成していない。社会に貢献していない。ということをあげておられます。

  ここのところは、微妙にニュアンスが違いました。

  デイトレードなどのトレーディング型投資やレバレッジをかけた投資は、株式市場の流動性を高める効果があると思うのです。その分、市場に貢献はしていると思います。もし、市場参加者全員がバリュー株のバイ&ホールドだったら、売買の量が減ってしまいます。買いたいときに買いにくく、売りたいときに売りにくくなります。また、市場の効率性も低下するように思われます。

  昨今は、過剰流動性ということが問題となっておりますが、流動性が低くなりすぎても困るわけです。いろんなタイプの投資家が存在し、市場が効率的であることが、インデックス投資の大前提です。

  ゆえに、デイトレーダーは、いてくれないと困る!(でも私はやらない)

  というのが、私の意見です(笑)。

  板倉さんと違って、ぜんぜん、真っ当じゃありません。すみません。

  しかし....真っ当って、なんなんでしょうね。「投資とはライフスタイルである」と、どなたかが、おっしゃって、いました、投資方法は、人それぞれでいいんじゃないか?ということなんだと思います。もちろん、コスト面での不利など、数字の上から明らかなことも多々あります。それを知った上で、チャレンジャブルな投資をするのは、その方の自由です。

 自分の投資方法を「真っ当」と表現するのは、おこがましい、というか、抵抗があります。私が、トレーディングはやらない、というのは、それが、真っ当であるからなどということではなく、私のライフスタイルなだけです。それを真っ当と言ってくれるなら、ありがたい限りですけれども。

 どんな真っ当と思われる投資方法であれ、誰かが得をしたとすれば、誰かが損をしているかもしれません。

 何を持って『真っ当』というのか?....難しいですね。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 日本の金融資産の推移:1997-2006 | トップページ | 2007年3月 総括 »

コメント

板倉氏の言われる株式投資における「真っ当さ」とは、『未来』の不確実性を含めて確実な『今』の価値を把握する性質をいうのだと思います。
つまり、株式投資をなす上での意思決定過程の「真っ当」さを問い質しています。
ということは、『過去』の株価やそれを前提とするテクニカル分析などは何ら「真っ当」ではないのでしょう。
そうですから、当然デイトレーダーは「真っ当」ではないわけです。
分かるような気がします。

投稿: とおりすがり | 2007年3月30日 (金) 09時46分

とおりすがり様
 貴重なご指摘、まことにありがとうございます。
 私は、「デイトレーダーは損だから止めろ」と言う見解には大いに同意しています。

投稿: NightWalker | 2007年3月30日 (金) 20時28分

「敗者のゲーム」に端的に書かれているように、巨大な資源を注ぎ込んでいるプロが自動売買などで確実にサヤ取りはしていますので、市場の効率化の面でも個人のデイトレーダーは不必要なのではありませんか?

投稿: nq | 2007年4月 1日 (日) 16時28分

nq様
 ご指摘ありがとうございます。
>巨大な資源を注ぎ込んでいるプロが自動売買などで確実にサヤ取りはしています
 私は、違法な行為以外の取引は、量の問題はあるものの、すべて、市場形成に貢献していると思っております。ただし、やっている本人は、長期的には、損をすると思います。その損は、別の市場参加者に吸い取られてしまいます。

投稿: NightWalker | 2007年4月 1日 (日) 17時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/14452394

この記事へのトラックバック一覧です: 真っ当な株式投資:

» 真っ当な株式投資 [rennyの備忘録]
真っ当な株式投資日経BP社板倉 雄一郎(著)板倉雄一郎事務所(著)橋口 寛(著)発売日:2007-03-21おすすめ度:amazon.co.jpで詳細をみる (Amazy) 前回のエントリでご紹介した「投資信託にだまされるな!」に引き続いて読んだ本です。 前回のエントリで感想を書いた通り、「投資信託にだまされるな!」は非常にpracticalで高く評価できるのですが投資信託を購入する、つまり、エージェントを使うにせよ株式投資するということはどういうことなのか、が全く解説されていなかったので何... [続きを読む]

受信: 2007年4月13日 (金) 06時44分

« 日本の金融資産の推移:1997-2006 | トップページ | 2007年3月 総括 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.