« PRU海外株式&海外債券マーケットパフォーマーと他社インデックスファンドの比較 | トップページ | 投資を始める方へ:はじめに »

2007年3月23日 (金)

平成19年地価公示

  国土交通省から、平成19年地価公示が出ています。

  16年ぶりに全国平均が上昇したそうです。

  ポイントは、

  • 全国平均の上昇率は、住宅地が前年比0・1%、商業地が同2・3%、全用途が同0・4%となった。
  • 3大都市圏は住宅地が2・8%、商業地は8・9%上昇。
  • 地方圏は住宅地2・7%下落、商業地も2・8%の下落。

  一段と二極化が進んでいるようですが、資産デフレもそろそろ終盤戦でしょうか?

 気になる住宅地を見てみます。

都道
府県
住 宅 地
平成
18年
変動率
平成19年
変動率 地点数
全国 △ 2.7    0.1 19,300
       
北海道 △ 3.1 △ 1.2 952
       
青森 △ 4.4 △ 3.9 190
岩手 △ 3.8 △ 3.3 134
宮城 △ 5.2 △ 2.6 432
秋田 △ 5.2 △ 4.4 141
山形 △ 5.2 △ 4.7 138
福島 △ 4.2 △ 3.1 329
       
茨城 △ 5.7 △ 3.6 524
栃木 △ 4.9 △ 3.2 311
群馬 △ 3.5 △ 2.3 271
埼玉 △ 1.7    0.7 1,090
千葉 △ 1.5    1.6 1,089
東京    0.8    8.0 1,858
神奈川 △ 1.9    1.7 1,565
       
新潟 △ 4.3 △ 2.6 301
富山 △ 4.4 △ 3.2 147
石川 △ 4.4 △ 2.3 154
福井 △ 5.3 △ 5.1 90
山梨 △ 6.5 △ 3.4 124
長野 △ 5.4 △ 4.0 226
岐阜 △ 5.7 △ 3.2 256
静岡 △ 2.9 △ 1.0 468
愛知 △ 1.1    1.9 1,294
三重 △ 4.7 △ 2.9 294
       
滋賀 △ 1.9    1.2 211
京都 △ 1.8    1.6 474
大阪 △ 1.9    1.9 1,308
兵庫 △ 2.0    0.8 974
奈良 △ 2.8 △ 0.2 325
和歌山 △ 5.5 △ 3.7 134
       
鳥取 △ 4.9 △ 3.7 89
島根 △ 1.4 △ 1.6 100
岡山 △ 3.5 △ 1.4 270
広島 △ 4.4 △ 2.5 472
山口 △ 4.7 △ 3.8 219
       
徳島 △ 6.6 △ 5.3 93
香川 △ 6.6 △ 6.8 127
愛媛 △ 3.1 △ 2.1 173
高知 △ 2.4 △ 2.9 104
       
福岡 △ 4.2 △ 2.6 689
佐賀 △ 2.4 △ 2.1 90
長崎 △ 5.3 △ 4.4 192
熊本 △ 5.8 △ 4.4 200
大分 △ 4.8 △ 4.6 170
宮崎 △ 1.4 △ 1.0 160
鹿児島 △ 1.7 △ 1.9 214
       
沖縄 △ 4.0 △ 2.3 134

 県別で見るとほとんどがマイナスですが、都市圏が上がっているんですね。

圏域別
地域別
住 宅 地
平成
18年
変動率
平成19年
変動率 地点数
東京圏 △ 0.9    3.6 5,566
大阪圏 △ 1.6    1.8 2,735
名古屋圏 △ 1.3    1.7 1,335
三大都市圏平均 △ 1.2    2.8 9,636
地方平均 △ 4.2 △ 2.7 9,664
全国平均 △ 2.7    0.1 19,300

 最初の表を東京近隣の3県で抜き出してみます。東京は、8%アップとぬきんでて高いので抜いてみました。 平均を取ってみます。

都道
府県
住 宅 地
平成
18年
変動率
平成19年
変動率 地点数
全国 △ 2.7    0.1 19,300
       
埼玉 △ 1.7    0.7 1,090
千葉 △ 1.5    1.6 1,089
神奈川 △ 1.9    1.7 1,565
平均 △ 1.7    1.3  

  やっぱり上がってます。平均1.3%の上昇です。東京近隣は、上昇モードですね。

 しかし、同じ東京圏でも地域格差がありますのでご注意ください。

 東京は、全地域プラスでしたが、神奈川は、19ある市のうち、プラスは、横浜市、川崎市、茅ヶ崎市、大和市の4つだけ。

 来年はどうなるんでしょうか?インフレの足音、そろり、です。

 関連エントリー

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« PRU海外株式&海外債券マーケットパフォーマーと他社インデックスファンドの比較 | トップページ | 投資を始める方へ:はじめに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/14352602

この記事へのトラックバック一覧です: 平成19年地価公示:

« PRU海外株式&海外債券マーケットパフォーマーと他社インデックスファンドの比較 | トップページ | 投資を始める方へ:はじめに »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.