« rennyさんのアンケート 第3弾 | トップページ | 真っ当な株式投資 »

2007年3月26日 (月)

日本の金融資産の推移:1997-2006

   日本の家計部門の金融資産が、この10年どのように推移しているか、見てみます。出処は、日銀の以下のデータです。

  資金循環(四半期計数・ストック) 家計部門 時系列(1997-2006)

 注目の投資信託及び株式・出資金をグラフにしてみました。 (クリックすると大きくなります)

20070327

 この4年、微妙にですが現金比率は下がっています。また、ここ数年、投資信託が伸びているのがわかります。多くの方がおっしゃっているように、投資信託がどれだけ伸びるかが、貯蓄から投資への流れを決定するカギになるものと思われます。

  • これから増えるのは投資経験の少ない層。少額から投資できる投資信託の方が購入しやすい。
  • 今後も外国への投資が増えると思われるが、投資信託が最も簡単。

 などが、投資信託に期待のかかる理由です。

 この流れを止めないためにも、質の高い、ローコストの投資信託が増えて行って欲しいですね。

-------------------------------
 元のデータを根性で整理したものを下に示します。興味のある方はご覧ください。
 (データを写し間違えているといけませんので、転載引用は禁止とさせてください。あしからず。)

家計部門金融資産推移 1997-2006  単位:兆円

債券 投資
信託
株式・
出資金
保険・
年金
準備金
その他 合計
1997/4Q    64.0 25.4 85.8 344.1 70.0 1285.1
1998/1Q    62.3 24.9 90.3 348.0 67.2 1286.7
1998/2Q    60.2 26.3 89.3 350.7 67.6 1300.3
1998/3Q    58.5 26.5 73.8 353.7 70.9 1290.5
1998/4Q    56.2 26.1 81.1 356.0 68.2 1314.9
1999/1Q    55.2 26.3 96.3 358.9 67.5 1328.0
1999/2Q    54.4 28.1 110.3 361.0 66.0 1353.2
1999/3Q    52.9 26.4 119.7 363.4 68.1 1363.8
1999/4Q    51.6 29.4 138.1 365.5 66.0 1401.6
2000/1Q    50.6 31.9 138.3 369.9 65.9 1401.3
2000/2Q    49.1 33.1 131.9 371.9 64.8 1401.8
2000/3Q    48.3 33.9 128.3 374.0 73.3 1404.6
2000/4Q    48.1 33.7 121.2 375.5 71.4 1408.8
2001/1Q    48.1 33.9 107.4 377.6 70.4 1389.0
2001/2Q    47.2 36.1 112.7 377.1 71.1 1406.1
2001/3Q    45.5 32.6 83.8 377.8 70.1 1364.8
2001/4Q    44.3 32.2 85.5 378.0 72.4 1382.9
2002/1Q    41.8 30.4 85.4 379.0 71.5 1373.6
2002/2Q    40.3 29.6 85.8 378.6 71.6 1380.4
2002/3Q    38.7 29.1 81.7 377.5 71.4 1365.6
2002/4Q    36.4 28.5 78.5 377.3 70.1 1373.2
2003/1Q    34.6 28.4 72.0 377.0 68.7 1356.0
2003/2Q    33.3 29.9 86.3 376.0 69.3 1378.1
2003/3Q    32.1 31.8 100.2 377.5 71.2 1389.4
2003/4Q    32.3 32.4 101.5 377.7 71.4 1403.4
2004/1Q    32.3 33.9 116.2 377.7 69.7 1409.3
2004/2Q    32.8 34.5 119.5 380.4 70.6 1423.5
2004/3Q    34.4 34.8 113.3 380.7 70.5 1411.1
2004/4Q    36.0 36.5 115.7 380.7 71.9 1428.4
2005/1Q    37.3 38.0 132.1 383.1 63.6 1429.5
2005/2Q    39.4 41.0 130.4 384.2 64.6 1439.2
2005/3Q    40.1 44.7 151.4 385.1 66.7 1460.9
2005/4Q    40.7 51.1 191.1 388.4 71.6 1525.7
2006/1Q    40.4 55.0 195.9 392.1 66.8 1520.5
2006/2Q    40.7 55.8 178.7 393.6 68.8 1511.7
2006/3Q    42.4 59.7 178.1 397.1 69.1 1513.4
2006/4Q    42.5 66.2 183.4 399.3 70.8 1540.8

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« rennyさんのアンケート 第3弾 | トップページ | 真っ当な株式投資 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/14416075

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の金融資産の推移:1997-2006:

« rennyさんのアンケート 第3弾 | トップページ | 真っ当な株式投資 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.