« フィデリティ証券が、ついに中央三井のインデックスファンドを発売 | トップページ | セゾン資産形成の達人ファンド 発表 »

2007年2月21日 (水)

「HSBC BRICs オープン」再開!

  「HSBC BRICs オープン」お申込み再開のお知らせ!(マネックス証券)。

  続いて、

  「HSBC BRICsオープン」取得申込みの取り扱い再開のお知らせ (トヨタFS証券)

  昨年の私の運用成績ナンバーワンファンドであったHSBC BRICs オープン」が 帰ってきました。 

  このファンドは、私がマネックス証券に要望を出して、唯一(^^;)願いがかなったという、記念すべきファンドです。しかし、資産総額が過大となったため、昨年、追加募集を止めていました。

 あれから半年、再開することになったようです。

  • BRICs 各国の株式市場の時価総額の増加、流動性の向上に対応して、新たな資金を「HSBC GIF BRICフリースタイル」に受け入れる余地があるものと判断。
  • 2007 年3 月1 日(木)より買付再開
  • 今後も、「HSBC GIF BRICフリースタイル」に予想を超える資金流入が続いた場合、再度同ファンドの買付が停止され、「HSBC BRICsオープン」についても取得申込みの取り扱いを一時停止せざるを得ない場合もある。

 本ファンドは、現在調整気味です。ひょっとして、またも、買い時が訪れるかもしれませんので、価額チェックはしておきたいと思います。私の使っているマイクロソフトmoneyは、ポートフォリオの収益率を一覧表にして毎日チェックできる(自動的に価額が更新される)ので、収益率順位の低いファンドをにらんでおくことができます。買い時が判ったような気になれます(^^;)。

 さて、今年は、外国債券と、エマージング株への投資が、課題です。(他にもありますが)

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« フィデリティ証券が、ついに中央三井のインデックスファンドを発売 | トップページ | セゾン資産形成の達人ファンド 発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/13999261

この記事へのトラックバック一覧です: 「HSBC BRICs オープン」再開!:

« フィデリティ証券が、ついに中央三井のインデックスファンドを発売 | トップページ | セゾン資産形成の達人ファンド 発表 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.