« マネックス資産設計ファンドのコスト | トップページ | 東証、NY証取と提携で合意へ=第一弾は投信の相互上場など »

2007年1月28日 (日)

マネックス資産設計ファンドのアセットアロケーション

   前回のエントリーでは、マネックス資産設計ファンドのコストを見てみました。

  その間にも、相互リンクいただいている皆様の間では、なにやらアセットアロケーションで盛り上がっていますし、AKIさんからは、リスクリターンが知りたい旨、コメントをいただいたりしています。

   そこで、手元のデータで、マネックス資産設計ファンドのリスク・リターンを計算してみることにしました。

【前提】

資産 期待
収益率
日本株式 6.0%
日本債券 1.0%
外国株式 7.0%
外国債券 4.0%
日本REIT 6.0%
外国REIT 5.0%

  AKIさんのコメントに対する計算とは、期待リターンを変更しました。感覚的に実態に近くなるように修正。

【結果】

パターン 1 2 3 4
資産
配分
日本株式 21% 17% 25% 100%
日本債券 22% 17% 25% 0%
外国株式 15% 17% 25% 0%
外国債券 20% 17% 25% 0%
日本リート 15% 17% 0% 0%
海外リート 7% 17% 0% 0%
期待収益率 4.58% 4.83% 4.50% 6.00%
リスク(標準偏差) 7.36% 7.53% 8.87% 19.83%
シャープ・レシオ 0.3778 0.4027 0.3045 0.2118

  • パターン1 マネックス資産設計ファンド
  • パターン2 6資産均等分散
  • パターン3 基本4資産均等分散
  • パターン4 日本株だけ

  (注)上記は、あくまでご参考です。資産配分の優劣を決めているものではありません。計算の不備、もととなる相関係数などのデータも常に変化していますし、計算条件も異なります。ご注意ください。

  私の結論:このファンドは、なんだかとっても良いファンドです。

  誰も比べていませんが、さわかみファンドの信託報酬が、1.05%であることを考えるとこの優位性が良くわかると思います。さわかみファンドは、ご存知のように実は国際株式型であり、本来どこの国の何にでも投資できるファンドです。マネックス資産設計ファンドのような組成をすることも可能です。しかし、実質は日本株ファンドです。コストのかかる海外投資を半分近く組み込んでいることを考慮するとマネックス資産設計ファンドは、安いと言われるさわかみファンドよりも、更にコスト・リーズナブルと言えるのではないでしょうか?

  しかも、マネックス資産設計ファンドは、アセットアロケーションを定期的に見直すファンドです。アクティブ・インデックスファンドとでも言うんでしょうか?そのコストも含まれています。

 もちろん、6資産ファンド等のバランスファンドは、他にもたくさんあります。ぜひ、見比べてみてください。(私は疲れましたが...^^;)

  また、ここから、私が学んだことは、リートは計算上、重要な資産である、ということです。組み込むことでポートフォリオのリスクを低減させる効果がありそうです。上記は、あくまで、シロート計算の結果ですが、プロもしっかり日本リートを思ったより多めに組み込んでいるので、たぶん、その傾向があるのでしょう。

 イボットソン・アソシエイツ・ジャパンさんのデータが、ものすご~く欲しいですが、内藤さんの本、p199のコラムに書いてあるように、データベース構築のコストは大きく、そう簡単に手に入れられるようなしろものじゃなさそうです。ファンド資産配分を公開していただいただけでも、ありがたいお話と思っております。

 次回は、上記を踏まえて、以前検討した母のポートフォリオを再々見直ししたお話をしたいと思います。

 また、しつこいようですが、本記事は、あくまで私が計算したものです。個人の責任において、ご参照ください。実際の投資は、自己責任でよろしくお願い致します。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« マネックス資産設計ファンドのコスト | トップページ | 東証、NY証取と提携で合意へ=第一弾は投信の相互上場など »

コメント

リターンが若干低下したようですが微々たるものですね。

今回でも6資産均等の方がシャープレシオは高いですね。単純に6資産均等が良いのでは?と思うのは素人だからでしょうか???

投稿: AKI | 2007年1月28日 (日) 19時46分

書き忘れました。

よければ相互リンクをお願いしたいのですが、如何でしょうか?

投稿: AKI | 2007年1月28日 (日) 19時51分

AKI様
 コメントありがとうございます。
 6資産均等分散の方が、良くなっているのは、元となる資産の統計データが異なるためかもしれません。イボットソンさんのデータでは、計算結果が違うのだと思います。たぶん(笑)。
 また、必ずしもシャープレシオが最大のポートフォリオが正解と言うわけではなく、リスクの許容度をどの辺におくか?と言うことでも変わってきます。
 更に各資産の相関関係や標準偏差は、日々変わっていきます。これらの結果は、「過去そうだった」という性質のものであって、「未来もそうなる」とは限りません。
 信ずるものは救われる...で、何を信じるか?この辺が、「自己責任」なんですね(^^;)。弱っちゃいますね。

 相互リンクのお申し出、まことにありがとうございます。早速、リンクさせていただきました。

投稿: NightWalker | 2007年1月28日 (日) 20時16分

相互リンク、ありがとうございました。
こちらもリンクしましたので、ご確認下さい。

ファンドに掲載されていた資料でも、今回のアセットアロケーションよりも、均等分散の方がリターンが良いんです。それにさらにこのエントリだったもので、均等分散の方が良いじゃないか、と思ったんですよね。

イボットソンの方では計算結果が違うんでしょうね。

リターンやリスク、相関係数は過去のものであって、未来を保障するものではない点は理解しています。アクティブのバリュー投資も同じですから。

投稿: AKI | 2007年1月29日 (月) 00時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/13692265

この記事へのトラックバック一覧です: マネックス資産設計ファンドのアセットアロケーション:

» マネックス資産設計ファンド続報 [ぶらり福坊主]
マネックス資産設計ファンドが販売開始されました。 ラジオNIKKEIでの宣伝だけでなく、販売キャンペーンも行われるそうです(一般買い付けが霜降り牛肉、積み立てが車海老)。 このファ... [続きを読む]

受信: 2007年1月28日 (日) 22時45分

» マネックス資産設計ファンドを購入 [虹の節約&資産運用奮闘BLOG]
2007年に入って移行世界的に株高になってます^^; 下落してくれたら買い増ししやすいのになぁ。。と思っているのですが,今年からは額は調節するけど毎月買い増しをしようと決めています なので,今月も保有ファンドの買い... [続きを読む]

受信: 2007年1月29日 (月) 19時58分

» 黒船来航マネックス資産設計ファンド [カウンターゲーム]
知っている範囲内のブログではあまり買われていないようですね 買ってもベンチマーク要員であったり最小限であったりです。 まぁ買われていないのは実は当たり前な話で拝見しているブロガー達は皆、自分でアロケーションを... [続きを読む]

受信: 2007年1月30日 (火) 06時32分

» 「マネックス資産設計ファンド」のアセットアロケーション [★WINTER WONDERLAND★]
1月26日に販売開始された「マネックス資産設計ファンド<育成型>」が、1月のマネックス証券「売れ筋ベストテン」チャートで初登場第2位に飛び込みました。わずか5日間での販売ですが、トップの「マネックス・フルトン・チャ... [続きを読む]

受信: 2007年2月 3日 (土) 20時15分

» 投資信託【リスクとリターン(2)】 [投資信託 の始め方、投資信託 での儲け方]
大切なことは自分にとってのトータルリターンがどのくらいになっているかです。投資信託を選択する場合、投資対象や運用の手法、換金の方法や手数料、リスクなどいろいろな情報を吟味する必要があります。また、購入後も、自分の保有している投資信託を確認することをしましょう。... [続きを読む]

受信: 2007年2月 5日 (月) 13時52分

« マネックス資産設計ファンドのコスト | トップページ | 東証、NY証取と提携で合意へ=第一弾は投信の相互上場など »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.