« 証券税制見直し案アンケート | トップページ | マネックス証券の預かり資産 »

2006年12月 2日 (土)

RiskGradeの障害についてのご報告

 ソニーバンクのサイトに 2006年11月24日RiskGradeの障害についてのご報告という通知が出ています。

 なんと、ソニーバンクRiskGradesの値が、一定期間( 半年間も!)、間違っていたというのです。今頃気づくなんて、よっぽど、使っている人が少なかったんですね(T.T)。

 しかし、過去のエントリーに影響が出てしまいましたので、ご報告しておきます。

  1. 障害データ RiskGrades ソニーバンク取扱いの投資信託(MMFを除く)
  2. 発生期間 平成18年5月3日~平成18年11月3日まで
  3. 障害内容 上記期間中、RiskGrades値が実際の値よりも小さい値となった。

 原因は、ゴールデンウィーク中に休日分の処理を間違えた、というなんともお粗末な理由です。

 いまさら、過去のデータを修正することは不可能と思われます。ただし、実際の値よりも小さくなったという説明を額面どおりに受け取ると相対的なリスクの大小関係はあっていたものと思われます。が、定かではありません(ぐっすんT.T)。

 影響のあった(ありそうな)エントリを列挙しておきます。エントリーは消去しませんが、上記ご考慮のうえご参照いただければ幸いです。

 今回、大きなミスがありましたが、ボラティリティを測定してくれるツールとして、RiskGradesが有益であることに変わりはない、と思っております。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« 証券税制見直し案アンケート | トップページ | マネックス証券の預かり資産 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/12902413

この記事へのトラックバック一覧です: RiskGradeの障害についてのご報告:

« 証券税制見直し案アンケート | トップページ | マネックス証券の預かり資産 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.