« 世界市場ポートフォリオに変化? | トップページ | 年金資金が外国株式・外国債券へシフト? »

2006年12月 9日 (土)

世界市場ポートフォリオに変化?(補足)

 前回エントリーの補足です。

 2006年10月末現在の時価総額の大きい証券取引所です。同じく、12月9日の日経新聞からです。

証券取引所 時価総額
(兆ドル)
ニューヨーク 14.80
東京 4.46
ナスダック 3.80
ロンドン 3.60
ユーロネクスト
(パリ、アムステルダム、ブリュッセル)
3.40
トロント 1.65
ドイツ 1.49
香港 1.46
スペイン 1.22

 これを見ると純粋に単一国家で運営している市場で大きいのは、やはり、ニューヨーク、ナスダック、東京、ロンドンです(ユーロネクストは、パリ+アムステルダム+ブリュッセルの合併会社です)。なんだかんだ言っても資本主義の新興国日本はがんばっています。

 また、もうひとつの見方があります。 日経の記事は、アジア13市場対日本という構図でしたが、これに日本を加えてアジア14市場、と考えることで、どう見えるでしょう。全エントリーの勢力マップは、下表のようになります。

  時価総額
(兆ドル)
比率
米国 18.6 43%
欧州 14.0 33%
アジア 10.3 24%

 アジアは、まだまだこれから、と思えてきます。いっしょにがんばろう、と。

 それにしても、アジア14市場が束になっても勝てず、欧州18市場が束になってようやく、という米国市場恐るべしです。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« 世界市場ポートフォリオに変化? | トップページ | 年金資金が外国株式・外国債券へシフト? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/12999166

この記事へのトラックバック一覧です: 世界市場ポートフォリオに変化?(補足):

« 世界市場ポートフォリオに変化? | トップページ | 年金資金が外国株式・外国債券へシフト? »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.