« 日興證券(株屋)体質 | トップページ | 楽天証券 -株式移管手続きに関する電子化対応 »

2006年12月22日 (金)

私の愛した金融口座(突然の別離編)

 私は、結構、むやみに、口座を作ってきましたが、一方でなくなってしまったものもあります。どんなものがあったか、思い出してみることにしました。

 第一回目は、突然の別離編です。

(その1)野村ファンドネット証券

  出ました。うんうん、とうなづく方、感涙に咽ぶ方が目に浮かびます。

子会社の会社分割に関するお知らせ

当社の完全子会社である野村證券株式会社(以下:野村證券)及び同野村ファンドネット証券株式会社(以下:野村ファンドネット証券)は、野村ファンドネット証券の証券業及びその付随業務に関する営業を、会社分割の方法により、野村證券へ承継することを決定いたしましたので、下記の通りご連絡申し上げます。

  この会社、鳴り物入りで宣伝していたのですが、なんと、上記のような通知を持って、なくなってしまったのです。

 以来、野村證券殿が信じられなくなりました、が、野村殿は、しつこくもジョインベスト証券で再挑戦中です。年度内50万口座を目標にしていたはずですが、どうなったんでしょうか。

(その2)リテラクレア証券

 この証券会社はミニ株に強かったので、旧今川三澤屋証券時代に口座を作りました。その後、他社に比べて手数料に割高感が出てきたので、いやになったこともあり、株券を移管してしまって、残高ゼロのまま放置していました。そんなある日、一通のメールが私に届きました。

お客様各位

平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。

 弊社では、毎年1月末現在を基準日として、「リテラ・クレア証券総合取引約款」の第90条(5)及び「オンライントレード取扱規定」の第19条(2)に定める「当社が別途定める基準」に基づき、該当するお客様のお取引口座について自動抹消(口座廃止)の手続きを行なっております。

  証券会社様から、三行半を突きつけられてしまいました。

 やはり、放置は、いけませんね、放置は。リテラクレアさんは、今は、株式手数料が安くなっていますので、惜しいことをしたかもしれません。

 いや、いろんな口座を作るといろいろあるものです。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« 日興證券(株屋)体質 | トップページ | 楽天証券 -株式移管手続きに関する電子化対応 »

コメント

自動抹消なんてあるんですね。
知りませんでした。
僕も休眠口座があるので、気をつけたいと思います。

投稿: 水瀬 ケンイチ | 2006年12月23日 (土) 17時50分

水瀬ケンイチ様
 コメントありがとうございます。
 そうなんです。証券会社によっては、そういう規定があるようです。ご注意ください。
 余談。たしか、日興證券にも、そういう規定があったハズですが、どこに書いてあったか、ちょっと発見できませんでした。

投稿: NightWalker | 2006年12月24日 (日) 16時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/13155223

この記事へのトラックバック一覧です: 私の愛した金融口座(突然の別離編):

« 日興證券(株屋)体質 | トップページ | 楽天証券 -株式移管手続きに関する電子化対応 »

 
 
Copyright © 2005 - 2018 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.