« 証券税制見直し案アンケートの結果 | トップページ | 世界市場ポートフォリオに変化?(補足) »

2006年12月 9日 (土)

世界市場ポートフォリオに変化?

 本日の日経新聞1面トップに

  株式時価総額アジア急増、13市場合計で東証抜く

 という記事が出ています。ポイントは、

  • アジア13市場の合計が6兆ドル弱に拡大。東京市場(4兆4千億ドル)を抜く
  • 欧州18市場の合計が、14兆ドル弱に拡大。ニューヨーク市場(14兆8千億ドル)に迫る勢い

20061209tokyo_2  

アジアは、急進しています。

各市場の株価収益率(PER)は相場過熱も指摘される深セン(約40倍)、上海(26倍)を除くと東京(約20倍)を下回る15-20倍に分布。

 株価収益率で見る限り、中国を除くと、決して割高ではないというのです。

 欧州市場ですが、これまた、拡大中です。

20061209eu_2

  臆病者のための株入門で紹介されている「世界市場ポートフォリオ」は米国50%、欧州30%、日本15%、その他5%というものでした。かなり急速な変化が、訪れつつあるということでしょうか?記事から読み取れた米国=NY市場14.8兆ドル+ナスダック3.8兆ドル。欧州=14兆ドル(14兆ドル弱ですが書いてなかったので切り上げ)、日本4.4兆ドル、アジア5.9兆ドルとして、比率を計算してみました。新世界市場ポートフォリオの動向が読み取れるかもしれません。

  時価総額
(兆ドル)
比率
日本 4.4 10%
米国 18.6 43%
欧州 14.0 33%
アジア 5.9 14%

 米国もですが、東京市場(日本株式)のプレゼンスは下がる一方です。

 労働生産性の国際比較(2005年版)を見ると日本の労働生産性は、製造業は世界4位ですが、総合では19位です。その他の産業が足を引っ張っているのですね。金融業もがんばらないといけません。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 証券税制見直し案アンケートの結果 | トップページ | 世界市場ポートフォリオに変化?(補足) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/12992867

この記事へのトラックバック一覧です: 世界市場ポートフォリオに変化?:

» アジアの金融センターを担ってきた東証? [梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー]
日本を除くアジアの主要13市場合計の時価総額が、東京証券取引所を上回ったそうです。 近年、中国市場などが好調でしたから、実感としてよくわかります。 【NIKKEI NET 2006/12/09より引用】 株式時価総額アジア急増、13市場... [続きを読む]

受信: 2006年12月10日 (日) 20時46分

« 証券税制見直し案アンケートの結果 | トップページ | 世界市場ポートフォリオに変化?(補足) »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.