« イートレード証券でDIAM-ワールド・リート・インカム・オープン(毎月決算コース) がノーロードに。 | トップページ | RiskGradeの障害についてのご報告 »

2006年12月 1日 (金)

証券税制見直し案アンケート

   着々と  軽減税率は廃止という方向で進んでいるようですが、経済よりのメディアは総じて廃止に批判的です。私が良く見るモーニングサテライトもそうですし、日経関連もそのようです。そういうメディアばっかり見ている気もしますが。

 そのNIKKEI NETネットに証券税制見直し案アンケートというのがありました。 最後の悪あがき?

 とりあえず、アンケートに答えてみたのですが、その中の設問に対する選択肢の一つに気になるものがありました。

 株式の譲渡益や配当だけでなく、預貯金利息や金融商品の為替差益にも、すべての損益を通算した上で一律の税率を課す金融一体課税を導入すべきだとの声も高まっています。これについてはどうお考えですか。あなたの考えに最も近いものを1つお選び下さい。

  1. 好ましい。具体化を急ぐべきだ
  2. 「貯蓄から投資へ」の観点からリスクの大きい株式投資を優遇し、低リスクの預貯金などの税率は高くしておく必要がある。一体課税は時期尚早だ
  3. 金融一体課税は納税者番号制の導入が前提。プライバシー保護の観点から賛成できない
  4. 金融一体課税は富裕層も非富裕層も金融所得に対して同一の税率が適用される。富裕層からの税率はもっと高くし、非富裕層は低く、あるいは非課税にすべきだ
  5. よくわからない。あまり関心がない

 金融一体課税は納税者番号制の導入が前提? そうだったんですか?知りませんでした。納税者番号制と金融一体課税は、別々にYesNoが出せるとばかり思っていました。税制は難しいですね。

  ちなみに、私は、この設問、2を選びました。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« イートレード証券でDIAM-ワールド・リート・インカム・オープン(毎月決算コース) がノーロードに。 | トップページ | RiskGradeの障害についてのご報告 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/12897275

この記事へのトラックバック一覧です: 証券税制見直し案アンケート:

« イートレード証券でDIAM-ワールド・リート・インカム・オープン(毎月決算コース) がノーロードに。 | トップページ | RiskGradeの障害についてのご報告 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.