« ソニーバンクによる外貨投資の検討 | トップページ | 11月のソニーバンク ランキング 中央三井外国債券インデックスファンド強し »

2006年12月12日 (火)

投資信託の配当

 ソニーバンクは、メアドを設定しておくと、口座の利用や投資信託の決算(要は配当)があるとメールが来ます。なんとなく、安心感があります。今日も下記のようなメールが来ていて、口座をチェックしたんですが、

■投資信託決算のお知らせ
・決算日:2006年12月11日
・ファンド名:DIAMワールド・リート・インカム・オープン(毎月決算コース)<世界家主倶楽部>
・投信会社:興銀第一ライフAM

 すごくいっぱいの配当が!!

配当日 配当金
2006.12.11 2145円
2006.11.09 45円
2006.10.10 45円
2006.09.11 45円
2006.08.09 45円
2006.07.10 45円
2006.06.09 145円
2006.05.09 45円
2006.04.10 45円
2006.03.09 45円
2006.02.09 45円
2006.01.10 45円

 今年の累計2740円のうち、12月分だけで2145円!全体の80%近い。毎年12月は配当が多いのです。ボーナスというわけです。ちなみに去年は1445円でした。その前は1240円でした。年々増えています。

 まったくもって、世界中の店子さんどうもありがとうってわけなのですけど、あんまりありがたくないですよね(^^;)。税金、持って行かれちゃうわけで、軽減税率が廃止されれば、更に持っていかれちゃうわけで。

 わかってて、投資しているわけなんですが、配当のないリートってないのでしょうかね。仕組み上、運用益(家賃収入)を配当しちゃうものなのでしょうけれど...。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« ソニーバンクによる外貨投資の検討 | トップページ | 11月のソニーバンク ランキング 中央三井外国債券インデックスファンド強し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/13045911

この記事へのトラックバック一覧です: 投資信託の配当:

« ソニーバンクによる外貨投資の検討 | トップページ | 11月のソニーバンク ランキング 中央三井外国債券インデックスファンド強し »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.