« 日本株式の長期リターン(インフレ調整の巻) | トップページ | 日本株式に対するドルコスト法のお話(インフレ調整版) »

2006年11月 4日 (土)

東証、ロンドン証取ともETF相互上場を検討

  朝、いつものように日経新聞を眺めていたら....

   ロンドン証取 東証と提携協議という見出しが!そして、

  ETFの相互上場検討

  の文字が!!

  なんていうんでしょうか、いよいよ、レースは第4コーナー、私の買った馬が、いい感じで上がって来た。「よっしゃあ~」っていう感じに、とりあえずなりました。

英ロンドン証券取引所が東京証券取引所に対し業務提携を申し入れたことが明らかになった。株価指数連動型の上場投資信託(ETF)の相互上場などを打診しており、東証側も協議に入ることで合意した。東証は米ニューヨーク証券取引所とも提携を協議しており、覇権争いの激しい欧米の有力取引所がアジア本格進出に向け、東証へのパイプづくりを競い始めた。

  (関連記事5面へ)とあります。5面には、

    • ニューヨーク証取に続き、ロンドン証取、欧州アジアの有力証取とも幅広く提携関係を探る。
    • 提携の柱となるのがETFの相互上場。ドイツ取引所など欧州の取引所では日経平均ETFを積極的に上場。一方、東証は、(ご存知のように)国内株のETFはあっても海外株のETFはない。ETFを円建てで取引できれば個人のメリットは大きい。

  ということが補足されていました。その通りです!

  「ETFを円建てで取引できれば個人のメリットは大きい。」のです!!

  また、海外証取では日経平均のETFが買えるらしいのに日本(東証)では海外のETFが買えない、ということも腹立たしい感じです。まったく、何をやっているんでしょう。

  そして、5面の左上に「金融取材メモ」と題して、気になるコラムが....

  東証の開国論、金融庁に警戒感

  • 日本には外資がどこまで証取に出資していいか明確なルールがない。(よって、下手すると外資にのっとられるかもしれない)
  • 企業統治のために主要株主の門戸を外資に開放すべきとの声がある。一方、政界を中心に害しアレルギーは依然として強い。
  • よって、今後のルール作りは政界や世論を巻き込む波乱含みの展開となりそう。

  という内容です。

  ...波乱含み...大いに結構ではないですか!ようやく日本の金融業界も真の意味で国際競争力を身につけなければいけなくなったのです。もし、東証がのっとられるのがいやなら、国内の投資家が東証の株を買って守るのが筋。

  東証や関係する政府の皆さんにも、製造業並みのスピード感を期待したいです。トヨタは営業損益2兆円ですよ。一方で同じ製造業でも、いまだ大きな赤字を出している会社もあります。そういう会社や組織に共通するのは、時代の変化に対する追従性の悪さ、スピード感の欠落、旧態依然とした体質から結局のところ脱し切れていない、などの特徴です。そのことは、政財界の優秀な皆さんも良くご存知のはずです。

  我々個人投資家としては、海外ETFの東証上場を一刻も早く実現して欲しいのです。世論の高まりを期待したい。

  しかし、今の段階での外国ETF投資は、やりづらいですね。苦労して買ったと思ったら、すぐ有利な商品が出ました、というのでは、売買コスト分、損してしまいますから。一方で、上記のように関係者の動きには期待できない、ところもあります。待ちぼうけを食らうリスクもあります。悩ましいところです。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 日本株式の長期リターン(インフレ調整の巻) | トップページ | 日本株式に対するドルコスト法のお話(インフレ調整版) »

コメント

コメントいただいた記事をトラックバックさせていただきます。
ありがとうございました。

海外ETFの東証上場が実現すると最高ですよね!

投稿: 水瀬 ケンイチ | 2006年11月 5日 (日) 09時22分

水瀬ケンイチ様
 海外ETFの早期上場が最高です(^^;)。東証及び関係者の皆様方のご尽力に「期待」です。

投稿: NightWalker | 2006年11月 5日 (日) 09時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/12547291

この記事へのトラックバック一覧です: 東証、ロンドン証取ともETF相互上場を検討:

» バンガード・トータル・ストック・マーケット・インデックス・ファンド(マネックス証券)からI-Shares S&P500 Index Fund(楽天証券)へメインファンド乗り換え検討 (その3) [梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー]
前回までの記事、 2006/11/03 バンガード・トータル・ストック・マーケット・インデックス・ファンド(マネックス証券)からI-Shares S&P500 Index Fund(楽天証券)へメインファンド乗り換え検討 (その1) 2006/11/04 ... [続きを読む]

受信: 2006年11月 5日 (日) 09時23分

» 投資信託でじっくりお金を増やしてみませんか。 [投資信託 比較 ランキング 情報ナビ]
投資信託は自分で運用しない分、どのような投資が行われているのかきちんと把握しておくことが大切です。投資信託に関する情報を収集してしっかりと利益を獲得しましょう。 [続きを読む]

受信: 2006年11月 7日 (火) 22時46分

» 金融業界でのキャリアを活かしたい方歓迎いたします [キャリアコンサルトタントの全情報]
仕事内容金融担当のコンサルタントから、皆様のご経験・ご希望に沿った企業(求人案件)をご紹介いたします。「毎日キャリアバンク」では、転職支援をさせていただくコンサルタントが、貴方様のご経験や能力だけではなく、パーソナリティやキャリアプランも考慮した上で、あなたの可能性を最大限発揮できる企業をご紹介していきます。今まで培われてきた金融業界でのご経験を生かせる、多数の銀行・証券・生命保険などの金融業界の求人案件、またコンサ�... [続きを読む]

受信: 2006年11月13日 (月) 05時42分

« 日本株式の長期リターン(インフレ調整の巻) | トップページ | 日本株式に対するドルコスト法のお話(インフレ調整版) »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.