« 日本株式の長期リターン(2) | トップページ | 日本株式に対するドルコスト法のお話 »

2006年10月28日 (土)

日本株式の長期リターン(3)

  これで最後です。

  もし、20年間の株式リターンが、マイナスにはならないとすると、今後日本の株式はどうなるのでしょうか。以下の表に示します。2006年以降は、予想です。

  まず、2006年以降の収益率が25%で推移した場合。

終値 1年 20年 25年
2005 16,111.43 40.24% 1.03% 3.32%
2006 20,139.29 25.00% 0.37% 3.93%
2007 25,174.11 25.00% 0.78% 4.68%
2008 31,467.64 25.00% 0.21% 4.74%
2009 39,334.55 25.00% 0.05% 5.03%
2010 49,168.18 25.00% 3.68% 5.43%
2011 61,460.23 25.00% 5.04% 4.87%
2012 76,825.28 25.00% 7.86% 5.21%
2013 96,031.61 25.00% 8.91% 4.74%
2014 120,039.51 25.00% 9.45% 4.61%
2015 150,049.38 25.00% 10.64% 7.63%
2016 187,561.73 25.00% 12.02% 8.76%

 これなら、2009年における、20年リターンが、ぎりぎり、0%以上になります。

 しかし、年率25%を、あと4年間続けるのは、ちょっときつそうです。

 では、2006年以降の収益率が10%で推移した場合は、どうでしょうか。

終値 1年 20年 25年
2005 16,111.43 40.24% 1.03% 3.32%
2006 17,722.57 10.00% -0.27% 3.40%
2007 19,494.83 10.00% -0.50% 3.62%
2008 21,444.31 10.00% -1.69% 3.14%
2009 23,588.74 10.00% -2.47% 2.90%
2010 25,947.62 10.00% 0.42% 2.77%
2011 28,542.38 10.00% 1.09% 1.71%
2012 31,396.62 10.00% 3.14% 1.51%
2013 34,536.28 10.00% 3.48% 0.54%
2014 37,989.91 10.00% 3.33% -0.10%
2015 41,788.90 10.00% 3.79% 2.27%
2016 45,967.79 10.00% 4.42% 2.81%

 25年リターンでは、0%近くを維持できそうです。これが実現できれば、日本株式も何とか面目躍如、というところ。

  がんばれ未来の投資立国ニッポン。私も実経済の場や投資などでささやかながら応援したいと思います。

 この、平均収益率10%と言う数字。今後の日本株式を占う上ですごく重要なポイントなのではないでしょうか。私自身はそう思っています。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 日本株式の長期リターン(2) | トップページ | 日本株式に対するドルコスト法のお話 »

コメント

 バブルから20年のリターンがプラスになるには、2009年まで年率25%ずつ株価が上がらないといけないんですか。ちょっと、無理そうですね。(-_-)
 いくら長期の株価リターンが収束していくとはいっても、日本の実質GDPがデフレのせいで、ここ10年でほぼ0成長なので、長期でも株価は上がらないのでしょう。
 やっぱり、株価が上がるには実質GDPの成長が必要なんだなぁと実感。
 
 NightWalkerさんがおっしゃっているように、こんなときに私達個人投資家にできることは、投資によって日本企業を応援することだと思います。
 自分も、あわてず騒がず長期インデックス投資で、日本を応援していこうと思います。
 がんばれ!日本!
 

投稿: なおき | 2006年10月29日 (日) 01時47分

なおき様
 コメントありがとうございます。
 「日本の市場は効率的ではない」と考え日本株式を敬遠する方も多いのですが、我々が住む国がダメになってはたいへんです。
 なおき様のように日本を応援してくれる方がいてくれると心強い限りです。
 日本の株式市場が、真に民主的自由な市場になったのは、戦後になってからのことです。たかだか50年ですが、ここにきて、ようやく資本主義が機能しだしたと私は思ってます。
 あの9.11の時、米国民は「株を売らないようにしよう!」と言い合っていた、と聞きました。わが国でもそのように思う人が増えれば、日本の経済も安定していきます。日本人自身の日本株式の保有が増えれば、「外国人投資家」なるものに一喜一憂しなくてすみます。
 実は少子化問題の解決なども経済(=株式)の安定がひとつのかぎであるとは私は思っております。

 いっしょに日本を応援していきましょう。

投稿: NightWalker | 2006年10月29日 (日) 07時59分

こんにちは。
日本株式に関する研究、とても勉強になりました。
データを用いた説明は、説得力があります。
ありがとうございました!

ところで、不遜なお願いで恐縮ですが、私のブログ「梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー」と相互リンクしていただけないでしょうか。
こちらからはすでにリンクさせていただきました。もしご都合が悪ければ、ご連絡下さい。すぐに削除します。
なにとぞ、ご検討よろしくお願いします。

投稿: 水瀬 ケンイチ | 2006年10月29日 (日) 11時19分

水瀬ケンイチ様
 コメントありがとうございます。
 相互リンクの件、お申し出ありがとうございます。さっそく、当方からもリンクさせていただきました。
 当ブログは、シロートなりに思うことを書いているだけですが、今後ともお付き合いいただければ幸いです。

投稿: NightWalker | 2006年10月29日 (日) 17時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/12463439

この記事へのトラックバック一覧です: 日本株式の長期リターン(3):

« 日本株式の長期リターン(2) | トップページ | 日本株式に対するドルコスト法のお話 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.