« さわかみファンドのあやしい魅力 (1) | トップページ | 核実験 »

2006年10月 8日 (日)

インドへの投資について

 インド首相「インフラ整備に36兆円必要というニュースがありました。

インドのシン首相は7日、国内インフラ整備のため2012年までに14兆5000億ルピー(約36兆円)の投資が必要との試算を公表した。17兆円余りとしていた従来見解の2倍。首相は「政府部門による投資には限界がある」と認め、国内大手企業や外資などの民間資金をインフラ整備に呼び込むための政策を近くまとめる。

 少し、インド投資について考えてみました。(この記事は、私のメモ的要素が強いです。あしからず。)

 このニュース、投資家としては、期待してしまいます。

  1. インドの大企業が儲かり、中小にも波及し、インド株が上がる。
  2. 外資(日米欧)が参入し、外資が儲かり、日米欧の株が上がる。

 さて、どちらなんでしょうか?私は、2の日米欧株価上昇派です(でした)。しかし、どうなんでしょうか?インドの皆さんが儲からないなんて発想は、たいへん失礼ですね。話は違いますが、もし、将来、海外への移住を考えているなら、その国の通貨や企業に投資をすべきですね。投資をしない、すなわち、その国を信じていないのに物価が安いから、そこに住みたいという考え方は、長期的(10年単位)には成立しない考え方だと思います。

 2.については、中央三井外国株式インデックスファンドやTOPIXがカバーしている企業群ががんばってくれるでしょう。しかし、1.については、中央三井株式インデックスファンドの運用報告書を見る限り、インド銘柄は、ありません。よって、外国株インデックスとは別に購入しないと、インドには投資できません。

 インド保有ゼロの私としても、ここは、考えを変えて、長期投資の対象とすべきでしょうか?

 インドや中国の株式時価総額が大きく増大すれば、10年後、MSCIインデックスに組み込まれているでしょう。その時を信じて投資すべきかどうか。

 悩ましいところです。

 で、ネット証券で扱っているインド投資ファンドを比較して見ます。

ファンド名

販売会社

販売
手数料

信託
報酬

信託
留保額

PCAインド株式オープン ソニーバンク他 3.15% 1.29% 0.3%
HSBC インドオープン マネックス証券他 3.15% 2.10%

なし

ドイチェ インド株式ファンド イートレード証券 1.05% 1.31% 0.3%

 これを見る限り、ドイチェインド株式ファンドのコストが低いです。

  HSBCインドオープンは、S&P/IFC Investable India(円ベース)というインデックスとほぼ同等の運用。基準価額を比較してみると、PCAインド株式オープン、HSBCインドオープン、ドイチェインド株式ファンドは、ここ1年、ほぼ同等かPCAとドイチェが微妙に上回る成績のようです。

 短期的には、買いそびれた感はありますが。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« さわかみファンドのあやしい魅力 (1) | トップページ | 核実験 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/12199712

この記事へのトラックバック一覧です: インドへの投資について:

» 投資信託の実際   [都市銀行に資産を任せて大丈夫?金融商品取引法成立ですよ]
投資家が自分で業界や企業を分析しなくても、投資の専門家が運用し、その成績による利益の分配を受けることが出来る商品です。最近では、国や企業の要人を巻き込んだ村上ファンドのニュースなどが世間を賑わしましたのが記憶に新しいです。運用成績のよい投資信託を選ぶことが出来れば、大きな利益を得られる可能性があります。 投資対象の価値や時期を判断するには大きな労力が必要となります。 ... [続きを読む]

受信: 2006年10月12日 (木) 10時07分

« さわかみファンドのあやしい魅力 (1) | トップページ | 核実験 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.