« 「信託報酬が高めの投信から選んでいる」と話すネット証券 | トップページ | 外国株式インデックスファンドのパフォーマンス »

2006年9月17日 (日)

中央三井外国債券インデックスファンドが売れている!

 ソニーバンクのオススメ商品、中央三井外国債券インデックスファンドが売れてます

「PCAインド株式オープン」が7月の第2位から第1位に返り咲きました。「シュローダーBRICs株式ファンド」も1位の座は明け渡しましたが、第3位となっています。また、8月は海外の国債等に投資するファンドが好調で、「中央三井外国債券インデックスファンド」が7月の圏外から大躍進して第2位、「グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型)」も第4位となりました。

 この商品は外国債券投資の中で唯一オススメと言ってよいものです。 長期投資家にとっては、毎月分配型のグロソブよりも、良い外債投資商品であることは、いうまでもありませんが、そのグロソブにランキングで勝った、というところが重要です。多くの投資家が、ようやく信託報酬コストが長期的にどのような差を生むのか、理解してきたのではないでしょうか。一過性の現象でないことを期待したいです。

 以下は、グロソブ(1年決算)と中央三井外国債券インデックスファンドの5年間のパフォーマンス比較です。

Hikaku

 青色が、中央三井外国債券ファンドです。

 皆さんなら、どちらの商品をお選びになりますか?

 なお、少なくともマネックス証券は中央三井外国債券ファンドを扱うつもりはないそうです。

 本当はエマージング債券への投資もこのような低信託報酬のインデックスがあるとうれしいんですけれどね。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 「信託報酬が高めの投信から選んでいる」と話すネット証券 | トップページ | 外国株式インデックスファンドのパフォーマンス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/11930134

この記事へのトラックバック一覧です: 中央三井外国債券インデックスファンドが売れている!:

» アセット・アロケーション [脳の中のランダム・ウォーカー]
台風13号で風は吹きまくっているけど雨は降りません。せっかくの祝日なのに蒸し暑く [続きを読む]

受信: 2006年9月20日 (水) 21時40分

« 「信託報酬が高めの投信から選んでいる」と話すネット証券 | トップページ | 外国株式インデックスファンドのパフォーマンス »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.