« 私の選んだこの一本 | トップページ | 1994~2005年のリターン率の分析によるお得な商品 »

2006年9月 1日 (金)

いまこそ国際分散投資....?

 MMFが少額しか入っていない、日興コーディアル証券さんから一枚のパンフが送られてきました。イチロー選手の写真がどーんと写ってます。そして、いまこそ国際分散投資、と書いてあります。で、中身はと言うと....

 ベストナインと言う商品と、日興SMAというサービスの宣伝でした。

 私は分散投資に、基本的には賛成ですが、各商品はバラバラに買う方が良いと思っています。セットものは、

  1. リバランスの頻度を決定できない。
  2. リバランスの率を微妙にコントロールできない。
  3. セットコストがどこかにかかって割高になる。信託報酬に含まれていないと言う商品は、どこかに詭弁があります。ファンド運用会社が霞を食って生きていくわけには行かないのでなんらかのコストがかかります。
  4. 組み込み商品が限定される。
  5. 商品の勉強しなくなるので投資に対する知識が増えない。
  6. 細かい管理が出来るものは、管理料が多めにかかるお金持ち向け。そもそも手が出せない商品。

  などの問題があるからです。

  また、出来るだけシンプルな商品を組み合わせたい。投資先も少ない方がいい。

  というわけで、買う気は、まったくしませんが(日興さんゴメンナサイ)、このパンフレットには、世界を代表する金融資産のリターン率という表が印刷されていて、これはとても参考になりました。日本株式、日本債券、海外株式、エマージング株式、エマージング債券、海外債券、ハイイールド債券、グローバルCB、コモディティ、グローバルリートの10種類 の金融資産の1994~2006年までの年間リターンが書いてあるのです。これは、ちょっと保存版です。いい物を送ってくれました。日興さん、ありがとう。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« 私の選んだこの一本 | トップページ | 1994~2005年のリターン率の分析によるお得な商品 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/11720692

この記事へのトラックバック一覧です: いまこそ国際分散投資....?:

« 私の選んだこの一本 | トップページ | 1994~2005年のリターン率の分析によるお得な商品 »

 
 
Copyright © 2005 - 2018 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.