« 長期投資の長い道 - ドルコスト法を止める時 | トップページ | マネックス証券 貸し株サービス拡充 »

2006年9月 4日 (月)

金融資産のリターン分析 栄枯盛衰編

前々エントリーで引用した金融資産別のリターン率を90年代後半と2000年代前半で再分析し、順位をつけてみました。すると...

 

1996-2000

2001-2005

1位

海外株式 エマージング株式

2位

エマージング債券 グローバルREIT

3位

グローバルREIT エマージング債券

4位

コモディティ コモディティ

5位

グローバルCB 海外債券

6位

ハイイールド債券 ハイイールド債券

7位

海外債券 日本株式

8位

日本債券 グローバルCB

9位

エマージング株式 海外株式

10位

日本株式 日本債券

 90年代後半は海外株式(おそらく米国株)が、2000年代前半はエマージング株式が、それぞれ市場のリターンを牽引してきたという結果になりました。

 そして注目すべきは、グローバルREITとエマージング債券が堅調というか安定的に好成績だったようです。といっても、この時期に、これらの金融資産へ投資するのは、日本の個人投資家にとっては困難だったはずです。

 それにしても、日本は、からっきしダメでしたね。2000年代後半戦は、さて、どうなるのでしょうか?

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 長期投資の長い道 - ドルコスト法を止める時 | トップページ | マネックス証券 貸し株サービス拡充 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/11749448

この記事へのトラックバック一覧です: 金融資産のリターン分析 栄枯盛衰編:

« 長期投資の長い道 - ドルコスト法を止める時 | トップページ | マネックス証券 貸し株サービス拡充 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.