« 中央三井外国債券インデックスファンドが売れている! | トップページ | 投資事業組合とは何か »

2006年9月18日 (月)

外国株式インデックスファンドのパフォーマンス

 私自身の投資姿勢を確認するために、外国株式インデックスファンドのパフォーマンスを比べてみました。

まず、中央三井外国株式インデックスファンド(信託報酬0.84%)対トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド(信託報酬1.31775 %)。

Hikaku2

青色が中央三井外国株式インデックスファンドです。 信託報酬率が0.5%近く違うと差が出てきますね。

次に トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド信託報酬1.31775 %)対ステート・ストリート外国株式インデックス(信託報酬0.9975 %)です。

Hikaku3

 青色がトヨタアセット・バンガード海外株式ファンド、赤がステート・ストリート外国株式インデックス。
おや?意外に差がありませんぞ。信託報酬は0.3%ぐらい違うのに...。4月にトヨタが分配金で下げますが、11月にはステート・ストリートが分配で下げ、一進一退の対決に。これなら、どっちを買ってもまあいいか?

 どれがいいのか意見が分かれると思いますが、私としては、たとえ1%の販売手数料を支払ってでも、中央三井外国株式インデックスファンドに、優位性があるのかな、と思ってます。

  しかし、近い将来、よりコストの安い外国株式インデックスファンド(または東証へ外国ETF上場)が出てくれると信じているので、ノーロード系のファンドでとりあえずしのぐという考え方もしています。

 そして、ここでは取り上げませんでしたが、マネックスのバンガード単品ファンドも捨てがたい...。

 というわけで、私は、中央三井外国株式インデックスファンドとトヨタアセット・バンガード海外株式ファンドと、バンガード・ト―タル・ストック・マーケット・インデックス・ファンド+ウエルズリ―・インカム・ファンドにほぼ同じくらいの金額を投資しています。(^^;...おーい、どうゆう投資姿勢?)

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 中央三井外国債券インデックスファンドが売れている! | トップページ | 投資事業組合とは何か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/11945514

この記事へのトラックバック一覧です: 外国株式インデックスファンドのパフォーマンス:

« 中央三井外国債券インデックスファンドが売れている! | トップページ | 投資事業組合とは何か »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.