« ヘッジファンドは、市場に流動性を与える | トップページ | 安部内閣発足と経済政策とその効果 »

2006年9月24日 (日)

私が個人向け国債を買いたくない理由

 私は個人向け国債を買っていません。この商品、好条件ではあります。長期の定期預金にするくらいなら、よっぽどましだとは思います。でも買っていません。

 この理由は、二つあります。

 第一の理由は、金利がまだ低いからです。

 少なくとも政府が目標としている経済成長率(2~3%?)より高い金利まで長期金利が上昇しない限り、投資商品としてリーズナブルとは私には思えません。我々は金利の低い人生を長いこと歩んできていますので、1%でも相対的に高く感じる人も多いでしょう。しかし、まだ低い、という気がする。

 第二の理由は、この好条件の原資がどこから出ているのか?と言うことに対する疑念からです。

 最近、個人向け国債を買うと、0.1~0.3%程度商品券などでバックしてくれるキャンペーンがあります。

 この原資はいったいどこから来るのでしょうか?国は、販売金融機関に販売額100円につき50銭の「募集発行事務手数料」を払います。すなわち、金融機関は、個人向け国債を売れば売っただけ、0.5%の販売手数料をもらえるわけです。おそらく、この手数料がキャンペーンの原資になっているものと思われます。メーカーの販促金を原資にして値引きする家電ディスカウント店の手法です。

 ところで、この「募集発行事務手数料」、いったい、どこから出てくるのでしょうか?

 ひょっとして、税金?

 また、有利と言われている個人向け変動金利型国債の金利は、10年国債の金利マイナス0.8%です。要は、ナマの10年もの国債を買ったよりも、0.8%は持っていかれるわけです。投信で言ったら、信託報酬0.8%のようなものです。もし、金利が上がらなかったら損します。しかし、金利が上がれば得をする可能性もあります。得をする場合、新規の国債発行で生ずる新しい利ざやを自転車操業するのでなければ、その差額を誰が埋めるのでしょうか?

 ひょっとして、税金?

 この疑念が消えない限り、ちょっと個人向け国債を買う気がしません。

  まあ、逆に言えば、買わなきゃ税金持っていかれるだけともいえるかもしれませんし、もともと、国債や地方債は税金があっての話で、いまに始まったことではないのですけれど。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« ヘッジファンドは、市場に流動性を与える | トップページ | 安部内閣発足と経済政策とその効果 »

コメント

疑念も何も、国債の利払いや償還、販売手数料等の原資はすべて税金です。個人向け国債のキャンペーンCMに出演している女優のギャラだって税金ですよ。
何せ日本は先進国で最大の借金大国。現在でも借金をして(新たに国債を発行して)国債の利払いや償還に宛てています。だから政府は金利上昇をイヤがるんですよね。長期金利が上がれば国債の金利も上がり、税収が逼迫するので。
とはいえ、私は個人向け国債、けっこう買っています。実質的な元本保証でこれ以上有利な金融商品はありませんから。

投稿: 空色 | 2006年9月25日 (月) 01時04分

空色さま
 コメントありがとうございます。
 なるほど、やっぱり税金ですね。
 私が国債を買わないのは、金利がまだ低い、ということが、かなりウェイトを占めてます。

投稿: NightWalker | 2006年9月25日 (月) 06時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/12023305

この記事へのトラックバック一覧です: 私が個人向け国債を買いたくない理由:

» 変動金利と固定金利それぞれの“いいとこ取り”が可能? [http://cashingcop.livedoor.biz/]
■返済の金利は自分で選ぶ 固定金利選択型の住宅ローンとは、 返済期間中に鐔∧册斡睛眙州か鐔ヿ把蟠睛眙州を選ぶことができる商品です。 以前は、鐔⊆敍鮄欞蕕聾把蟠睛琛里熄州鐔"貪戮任睚册斡睛琛鯀Ľ屬噺把蟠睛琛砲鰐瓩譴覆わ州など といった制約がついたタイプも多かったのですが、最近では、はじめから鐔ヿ把褊州、鐔∧册逸州、鐔⊂絽舵佞㌍册逸州のう�... [続きを読む]

受信: 2006年10月12日 (木) 16時43分

» 個人向け国債はじめませんか?【個人向け国債基礎知識】 [個人向け国債はじめませんか?【個人向け国債基礎知識】]
個人向け国債(財務省 郵便局 証券会社の募集 キャンペーン情報  個人向け国債の仕組みの基礎知識(利率 金利  利息 保証金 信用取引 メリット 口座開設方法) 個人向け国債について基礎からしっかり身に付けます!! 財務省 証券会社 郵便局 みずほ  キャンペーン  ニュース 募集 金利 比較 利率 口座開設 信用取引 保証金 利息 メリット 仕組み 5年... [続きを読む]

受信: 2006年10月13日 (金) 02時34分

» 個人向け国債 [20歳からの投信による資産形成]
今日13日より、個人向け国債の募集が開始されました。昨今の金利上昇もあり、利回り [続きを読む]

受信: 2007年6月13日 (水) 23時48分

« ヘッジファンドは、市場に流動性を与える | トップページ | 安部内閣発足と経済政策とその効果 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.